男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

クリスマスに対する価値観の変化

人生100年と言われる時代において

何を思って

何を行動にうつして

どんな結果を出すのか、

全て自分次第だけど、

それによって自分以外の人が

嬉しくなり、悲しくなり、辛くなり・・・

人との関わりって、シンプルでありたいけど

複雑ですね~

 

こんにちは。

 

急にポエムのコーナーに誘ってしまって

すいません。

 

ふと、

2017年が終わりに向かっている今日

思う所がありまして

ついw

 

さて、

フトシですが

とっても可愛くなってまいりました!

f:id:yokotedaichi:20171224133945j:plain

【あなたは皇室の人ですか?その挨拶はなんですか?w】

 

 

歯と頭がどこなのか示せるようになり、

おとちちと妻を指でさせるようになり、

直立からの一歩目が出せるようになり、

一度見たことがあるものを再び見ると反応するようになり、

自分の名前を呼ばれたら手をあげれるようになり、

 

可愛くてしかたありません。

 

こうやって色々覚えていくんだなと感心しています!

 

妻は

来る「断乳」に向けて

先輩方の指導のもと

使わなくなっていた哺乳瓶を取り出し

ミルクを母乳代わりに飲ませたり

水をいれた哺乳瓶で

フトシとたたかっています。

 

徐々に慣れさせる戦法ですね。

 

ありがたや~

otochichi.hatenablog.com

 

 

 

そして

本日はクリスマス・イブですね!

 

あいにく

おとちちは

クリスマスだからみたなのが

大変に苦手でして・・・はい・・・

 

妻と過ごしたクリスマスでは

実は一度もプレゼントとか

そういった類のものは渡したことがなくて

 

なんなら、誕生日とかも

妻には何も渡した事がなくて・・・

 

この行動

周りの人達からは

「めっちゃ意外」

「そういうのお祭りみたいにしそうだけどね~」

 

と言われます。

 

でも、やりません。

 

ここには、持論があるのです。

 

「クリスマスとか、誕生日とか関係なく、思いついたらやればいいじゃん」

 

と。

 

もちろん、誕生日にはおめでとうって言うし、最大限に褒めまくります!

クリスマスシーズンに、街中がクリスマス色に染まる感じも大好きです!

 

しかし、

そうやって生きてきたので

すっかり染み付いてしまってます。

 

だから、

思いついたらホールのケーキを買うし

思いついたらプレゼントもします。

 

良いのか、悪いのかは別として

そういう人なんです。

 

ところが

フトシが生まれてきた事で良く良く考えてみました。

 

「サンタクロースだけは、いつでもよくないじゃん」と。

 

私の持論は、人と人だから成立していたのであり

これが、サンタクロースと人であった場合成り立たない。

 

サンタクロースの存在を信じさせ

12月25日に向けたワクワクをつくり

当日、壮大な演出をする必要があるのではないか、と。

 

父になるって怖いですね!

 

男であった頃には感じなかった

感情とか懸念とかが降り掛かってくるんですね!

 

あーこわい!

 

来年の今頃は

フトシの為に

やっきになっている自分が

容易に想像できます。w

 

完全に

男であり、父になっているなと感じます。

 

父親業はほぼ何もできていないだけに

こういったイベントで勝負をかけることでしか

活路を見いだせないだけかもですがw

 

 

来週は

今年最後。

 

1年の振り返りと共に

フトシの成長を追えればと思います!

f:id:yokotedaichi:20171224134108j:plain

【吊革に捕まったまま寝てます!お勤めお疲れ様です】

 

それではまた次回!

 

end