男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

祝100回目のブログ更新!「奇跡」を記すその先に。

会社の友人の結婚式に行って来ました。

やはり結婚式に行くと家族に会いたくなりますね〜

フトシを重ねちゃいますよねー

 

こんばんは。

f:id:yokotedaichi:20171125232811j:plain

 

今週は、先週の世界早産児Dayイベントの疲れで

妻が発熱し、

フトシも生まれて初めて発熱しました。

 

妻はその昔

運転して発熱したという逸話を持っています。

何か緊張する出来事があると発熱するようです。

ちなみに妻は、免許は持っていますが車には乗れません。w

 

フトシはというと

発熱してすぐに熱が下がって

大したことはなかったようです。

強いフトシ。

 

というより、妻、じいじ、ばあばの

全面バックアップの賜物ですね。

いつもありがとうございます。

 

もっと

父であるべきですねー

 

フトシが成長するに連れて

それを感じます。

 

私は、接してなんぼの人間だと思ってます。

背中で語るとか、仕事で語るではなく、

対話でこそ、

直接触れ合ってこその人であると思っているので

フトシにもそうしてあげたいですねー

 

少しずつ、少しずつやりましょう!

 

 

 

そして、

本日ついに

「男として、父として」

 

記念すべき100回目の更新を迎えました!

 

イエーイ!

 

これは奇跡です。

 

ほとんどのことが長くは続かず

飽き性の私が

土曜日に欠かさず(数回日曜日になりましたが・・)

1000字ほどのブログを上げ続けた。

 

私を知っている人は

この奇跡に驚いています。

 

一番驚いているのは妻で、

「おとちちが100回か〜」って

しみじみ言っています。

 

 

でもこれは、

私が起こした奇跡ではなく

奇跡を記しているだけなんだとも思います。

 

 

もちろんその奇跡とは

フトシのことです。

 

奇跡を近くで見て

時には妻から聞いて

記すことができている。

 

毎日が奇跡で

毎日が新鮮で

毎日がユーモラスで

 

フトシを取り巻く全てのことが

ブログの話題になります。

 

私が思った事、妻が思った事が

ありのままの言葉で綴られる

それがおとちちブログです。

 

 

そして

忘れてはいけないのが

読んでくださる方ですね。

 

正直、第1回のブログ更新時と

今では、見ていただいている方の数が全然違います。

 

私が記すブログに対して

本当に多くの方にコメントいただいたり

実際に会って感想を言ってもらったり

 

その度に、妻と一緒にとっても幸せな気持ちになります。

 

 

ある方からこんな事を言われた事がありました。

 

「おとちちブログは、とっても辛い経験をしてブログを書いているはずなのに、読み終えた後に元気をもらえます。」

 

こんな言葉をもらってもいいのかって思うほど

恐縮した事を覚えていますが

 

私達家族のモットーでもある

「明るく、笑顔」

が読んでくださる方に伝わっているんだなと

強く実感しました。

 

これからも

フトシの成長の様子を上げる事で

勇気を与えることができるような

人を笑顔にできるような

 

そんなブログを目指して

つらつらと書いていければと思います。

 

今後とも末長くよろしくお願いします。

 

次の目標は、

101回ですね!

 

それでは

また来週!

f:id:yokotedaichi:20171125232908j:plain

 

 

end