男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

ドラマ「コウノドリ」を絶賛するブログ!

雨が続きます!

洗濯物が乾きません。

服屋が儲かります!

しかし、とりあえずで買うので

あんまりしっくりきません。

その為、また服を買います。

服屋は結局儲かります。

 

こんにちは。

f:id:yokotedaichi:20171021212909j:plain

「風が吹けば桶屋(おけや)が儲かる」

をなんとなくやってみたのですが

あまり思いつかなかったので

とっても中途半端な出だしとなりました。

 

今週は火曜日までは

妻とフトシは我が家にいて

それ以降は実家に帰ってもらっています。

 

10月は割り切ってやっているものの

ズーんときますね。

ズーんと。

f:id:yokotedaichi:20171021212700j:plain

【今週月曜日のフトシ、自分で本を読みます(めくるだけ)】

 

 

 

さて

コウノドリ

を知っていますか?

 

 

2015年のファーストシーズンに続く

セカンドシーズン

TBS系金曜夜10時

綾野剛主演のあの

コウノドリ」です。

www.tbs.co.jp

 

 

f:id:yokotedaichi:20171021213554j:plain

現在第2話が終わり

初回からとっても好評なTVドラマですが、

 

これが

まー泣ける。

ズルズル、

ズル剥けで泣ける。

 

例によって

リアルタイムでは見ることができないですが

TVer(ティーバー)という

民放各社が連携した配信ポータルサイト

見逃し放送として見ています。

※これ便利

tver.jp

 

 

見ればわかるといいたい所ですが

せっかくなので

コウノドリ」を語らせてください。

 

 

まず、

とにかくリアルです。

 

周産期医療の実態をそのまま映し出した

としか言えない描写がふんだんに盛り込まれており

フトシも108日間

お世話になったNICU(新生児集中治療室)やGCUも本当にリアル。

リアルでは無いといえば、

演出の都合上NICU内で、誰もマスクをしていない所くらい。

※実際はマスクをして、菌の侵入などを防ぎます。

 

リアルが故に涙なしには見ることができません。

泣かせにきているドラマでは無く、

本当にリアルだから泣けます。

 

私の同僚は、まだ子どもはいないけど

知らない間に感情移入してしまって泣けると言っていました。

 

そして何と言っても

とっても考えさせられる。

 

実はファーストシーズンに出会ったのが

2016年の8月。

フトシが入院している真っ最中でした。

 

その時も妻と一緒に

ズルズルに泣きながら見ました。

 

コウノドリ」内で映し出される

超低出生体重児(フトシのように1000g未満で生まれてくる子)

を見て勉強をしようくらいの気持ちで入ったのですが

 

感情までも持っていかれました。

 

私たちが当時悩んでいた

「生きていけるのか」

「障害があったらどうしよう」

「これからどうなるんだろう」

といった不安がそのまま描かれていました。

 

勉強になるのと同時に

深く考えさせられ

コウノドリ」を見た後は

夫婦二人で何度も話し合ったのを覚えています。

 

いろいろなお産の形(ガン、事故なども)や

葛藤が描かれており

私たち同様、当事者にとっては

かなりきつい部分もあると思います。

 

しかし、

コウノドリ」のおかげで

そういった辛い思いをした妊婦や家族に対する

理解が得られるようになってきていると私は思っています。

 

 

現に、

『「コウノドリ」で出てきた、あの感じ』

とか

『おとちち家もあんな思いをしたんだね、よく頑張ったね』

などと説明したり、励ましをもらったりします。

 

このセカンドシーズンを見ていると

フトシのこともそうですが

辛い思いをしている同じ境遇の人や

これからの私たちのことを改めて考えさせられます。

 

このドラマ

お子さんが生まれる予定がある人もない人も

見るべしです!

 

 

 

そして、

先週告知しました

「世界早産児Day」イベントですが

絶対実施することが決定しました!

otochichi.hatenablog.com

 

 

というのも

皆様からの反響がありまして

参加者予定の方も

現時点で20名近くいらっしゃいます。

 

声をあげて良かったと思いました。

 

早産で生まれた子どもやその家族はもちろん、

この企画に賛同くださる方の参加も大歓迎です。

 

ぜひ「」の何かを身につけてご参加いただけると嬉しいです!

『早産児』に対する理解を世の中に広めることができると思います。

 

 

↓↓↓参加の方はこちら↓↓↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdQgbKRhBiCeMVbgnmBA5kl_-zOTkhJMCUNsJUxvDWz2A9nsw/viewform

 

 

よろしくお願いします! 

f:id:yokotedaichi:20171021212813j:plain

【紫のアイテム1 同僚に借りたかぶり物】 

 

 

それでは本日はこのへんで!

 

 

end