男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

明るい家族のその先に。

外出する時

傘を忘れて

購入した直後に止むってこと

良くありますよー

あれでいくら位無駄にしてるのだろう・・

 

 

 

こんにちは。

 

 

今週フトシは

目覚ましい成長をとげました。

 

先週高速ハイハイをやり始めたかと思ったら

 

昨日、つかまり立ちをしました!

f:id:yokotedaichi:20170916181430j:plain

 【ソファー上の私のズボンをつかまり立ちをして取る】

 

 

なんとまあ。

 

例によって

妻は週の半分位を実家で過ごす事が多くなっているのですが

じいじ&ばあばの愛と

自宅より広い部屋のお陰で

やれることをどんどん増やしている感じがします。

 

 

今週水曜日

3ヶ月に1回の検診に行ったのですが

主治医の先生からも

「順調」と言われました。

 

 

常歩き出すのは

1歳前後らしいのですが

 

フトシの場合は、修正で

1歳半位までに歩けるようになればとのことでした。

(つまりフトシの本来の予定日は11月頃なので、今年度一杯で歩けるようになればとのこと)

 

しかし、その矢先に

つかまり立ちをし始めたので

だいぶ順調ということでしょう。

 

同じ時期に産まれた子達の成長曲線には乗らず、

11月産まれの子達の成長曲線で考えたほうが良いと言われていましたが

 

なんと6月産まれの成長曲線に乗りました!

 

驚異的です。

f:id:yokotedaichi:20170916181548j:plain

 【病院後は疲れてお休みタイム】

 

 

おてんば娘の様相が色濃く出てきた今日このごろ

f:id:yokotedaichi:20170916181629j:plain

 

彼女の言語数とイタズラ数がメキメキと増えてきて

床においてある荷物と泣く回数が著しく減り

 

愛らしさ全開のフトシは

着々と成長しています。

 

父親ゆずりの

眉毛の太さと毛深さは

家族会議で

「いつ全身脱毛へと向かわせるか」

を議論させ

 

母親ゆずりの

体の柔らかさは

ゴネる時の体のそり返しが

イナバウワーを彷彿とさせます。

f:id:yokotedaichi:20170916181836j:plain

 

 

また、

主治医の先生からとても嬉しい事を言われました。

 

「おとちち一家の写真を撮りたい」と。

 

その理由は、

フトシの経過が順調な事もありますが

おとちち家が

フトシが産まれた瞬間から前向きで

その前向きさが今でも変わっていない。

 

その明るさは

NICUにいる家族に勇気を与える。

だから、しっかり写真を取って

それを飾りたいんだと。

 

そしてそれを見ながら

「この家族はね・・・」と言って

辛い思いをしている人の背中を押したいと。

 

泣けます。

 

ブログ書きながら泣けてきます。

 

とっても無理していた部分もあります。

辛くて妻も私も崩れそうになった時もあります。

 

でも、それを含めて

こんなにまで認めてくれる人がいたんだと思うと、

嬉しさがこみ上げてきます。

 ありがとうございます。

 

 

あいにく

写真大好き家族なので

いつでもどんな状況でも

カメラを向けていただければ幸いです。w

 

 

 

本日行った、

横田基地祭り(米軍基地)でも

妻の友達に会い

「私の妹も、母もブログ読んでいます!」

「フトシ、写真より可愛い~」

と言われ、ホクホクの週末でございます!

f:id:yokotedaichi:20170916181710j:plain

 【フトシ寝ています・・・】

 

今日で、ブログ投稿が90回目です。

100回まであと少し、頑張ります。

 

 

end