男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

1日1回爆笑育児法!

最近読んでいる本は

サピエンス全史」です。

人間が小さく何もできない状態で生まれてくるのは、

直立二足歩行が原因らしい。

 

こんにちは。

 

今週木曜日に

東京都知事小池百合子さんが

妻の地元に来たため

たまたま帰省していた妻とフトシは

見に行ったとのこと。

 

ミーハーな妻は

小池都知事と目が合ったことを

喜んでいました。

 

 

 

あっ、

 

上野動物園ジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれましたね!

 

今までだったらこんなニュース気にも留めなかったのですが

ジャイアントパンダの赤ちゃんの出生体重が140g程度と聞いて

フトシと通じるところがあると思いました。

 

140g程度で生まれるのがジャイアントパンダの通常らしいですが

よくあんなに大きく育つなと思います。

 

小さく生まれて来た我が子を

大事そうに守っているパンダを見て

あだ名が「パンダ」だった私としては

勝手に親近感が湧いております。

 

パンダと呼ばれていたことが

ここに来て、こんな形でリンクするとは

考えもしませんでしたが・・・w

f:id:yokotedaichi:20170617154632j:plain

 

 

 

 

今週から

フトシが寝る前に

読み聞かせを始めることにしました。

 

まだなんのこっちゃ分かっていない様子ですが

抑揚をつけて

声色を調整しながら

 

絵本を読んであげると

 

きゃっきゃします。

 

0歳児だからこの本とか

年齢に応じたみたいな考え方もありますが

 

私の場合はそんなことを考えるのが面倒なので

キングコング西野さんの

えんとつ町のプペル

を中心に読み聞かせています。

 

この「えんとつ町のプペル」は相当感動するので

おすすめです!

 

 

おすすめで言えば

ママがおばけになっちゃった!」も泣けますね。

 

 

あと

今週会社の後輩に聞いた

育児法がとっても良いなと思ったので

紹介します。

 

それは

「1日1回爆笑育児法」

 

です。

その名の通り、

親が子どもを1日1回爆笑させることなのですが

 

これを受けて育った後輩は

とにかく明るくて前向きで人付き合いが上手い!

しかも、後輩の兄弟含め反抗期はほぼなかったとのこと。

 

「なんでそんなに明るいの?」と聞いたら

「うちの母が、私を1日1回笑わせることを続けてくれたから」

だと。

 

相当説得力があるなと思いました。

 

笑わせ方はなんでもいいみたいで

後輩の記憶では、膝のかっけで爆笑していたとのこと。

 

早速フトシにも試してみたところ

しょうもない事で簡単に笑ってくれました。w

f:id:yokotedaichi:20170617154954j:plain

 

 

妻の家庭も

妻の父が事あるごとに妻を笑かしたり

毎日家でダンスをしたりしていたようです。

反抗期もほぼなかったとのこと。

 

笑顔の魔法は

本物ですね!

 

絶対!

 

end