男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

単身赴任できません宣言!

近年、

梅雨前に

信じられないくらい暑くなって

梅雨をのりこえる自信がなくなる症状に陥るのは

私だけでしょうか。

 

こんばんは。

 

GWも終盤。

いよいよ

5月病が猛威を振るう季節となってまいりましたが

おとちちは例によってGWはほとんどお休みが無いため

なんのそのでございます。

 

フトシよ

会えない日々が続いているけど

おとちちの事を忘れるでないぞ

いつか必ず

一日中

一緒に遊びまくる日をつくるからな・・・

 

と1時間ごとに想いを馳せて過ごしてまいりましたが

 

そろそろ限界が近づいてまいりました。

 

ライン電話でフトシを見たとき

溢れ出そうになったものはぐっとこらえ

フトシの成長を喜びましたが

 

やはり直接会いたい。

 

ということで、本日はその機会が巡ってきたので

 

一日中フトシとたわむれていたら

こんな時間になりました。

 

昨日まで、フトシと妻は

東京のばあば、じいじの所で

2週間弱に及ぶ合宿をはっていました。

(途中、長野のひいばあば、ひいじいじ宅にもいったようです。)

f:id:yokotedaichi:20170506210543j:plain

 

 

昨晩そのお迎えに行き

本日は自宅で過ごしたというわけです。

 

切りたての髪の毛を

「そこ刈る?」

と言わんばかりに触られ、

 

f:id:yokotedaichi:20170506210614j:plain

 

バンボ(赤ちゃん用の椅子)に一丁前に座れるようになり

f:id:yokotedaichi:20170506210748j:plain

 

みかんを両手で持てるようになり

f:id:yokotedaichi:20170506210811j:plain

 

フトシの成長を噛み締めました。

 

 

 

 

そんな耐え難きを耐えた日々を乗り越えて

思ったことがあります。

 

「私は単身赴任はできない」

「独身時代には戻れない」

と。

 

体の一部をもぎ取られた感覚を

たった2週間そこらで体験してしまった私は、

 

一人で生きて行くスキルはあるけど

その気は完全になくなっているんだなと

確信しました。

 

妻も

フトシも

それぞれが私に大きな影響を与えている

 

この気づきを与えてくれた点では

今回の2週間はとてもよかったと思います。

 

色々、試行錯誤したいと思います!

 

 

さあ

いよいよ

フトシは

体重6500g

身長65㎝

 

体重は私の約1/13

身長は私の約1/3

 

目覚ましい成長です。

 

寝返りももうちょい!

ファイト フトシ!

 

早く寝て フトシw

f:id:yokotedaichi:20170506210941j:plain

【初めてくしで髪の毛をセットしたら、ヒトラーのようになっちゃった】 

 

 

end