男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

NICU卒業生が集う会に行ってきました↑

会社の同僚の

フェイスブックの文章が上手すぎて

今更ながらこのブログが恥ずかしくなってまいりましたw

 

こんにちは。

 

気がついたら

ブログをはじめて1年が経っていました。

毎週土曜日に

欠かさず更新し続ける自分の姿を

誰が想像したでしょう?

 

私自身が飽きやすい性分ですので、

近くで見ている妻もこの継続っぷりには

びっくりしています。

 

今は亡き、ウルフこと千代の富士

1000勝を成し遂げた後に言い放った

「次の目標は1001勝です」になぞらえて

 

次の目標は、“来週頑張ること”

にしておきます。

 

さて、本日は

フトシの故郷に行ってきました。

生まれて4ヶ月間過ごした古巣。

 

そうです、

お世話になった病院です。

 

NICUを卒業した家族の集まり

通称「ほっぺたの会」に行ってまいりました。

 

行く前は

なんだか同窓会に行く前のように

そわそわワクワク。

 

f:id:yokotedaichi:20170408181957j:plain

会場につくと

お世話になった看護師さんや助産師さんが

お出迎え。

 

 

続々と顔見知りの家族が集まってきます。

 

なんでしょうね。

あの時の気分が高揚する感じ。

 

やはり同じ境遇ってだけで

仲間意識というか、安心感が生まれるんですかね。

 

 

会は

以下のようなスケジュールで進みました。

 

f:id:yokotedaichi:20170408182020j:plain

 

フトシも終始上機嫌!

f:id:yokotedaichi:20170408182625j:plain

 

 

ドクターの話では

看護師さんが「巻き」を要求するくらい

とりとめのないイタリアの話を聞き

 

ベビーマッサージでは

新しい抱っこの方法や扱い方も学び

早速「スイートアーモンドオイル」

Amazonしました!

f:id:yokotedaichi:20170408182411j:plain

 【足をぐにゃっとした抱っこ】

 

f:id:yokotedaichi:20170408182301j:plain

【膝の上でチーン】

 

 

でも一番良かったのは、

某ライオンの番組を参考にした

サイコロトークですかね。

 

サイコロに何か仕掛けられていたのでは

と思うくらい、同じ目が頻発しましたが

 

入院中の様子や

病院に対する感謝など

思い思いの話を聞くことができました。

 

私自身もみんなの前で当時を振り返り

今、目の前にいるフトシを

さらに愛おしく思うことができました。

 

緊急搬送から退院まで

明るいニュースだけではなかったけど

 

今こうして

笑いながら振り返る時間が

なんてすばらしい事なのかとしみじみ

感じました。

 

 

あーいい会だった。

 

 

妻はおとちち家の広報担当として

集まった家族の方々と

もれなく連絡先を交換しており

近々、会合を開くとかなんとか。

頼もしいw

 

 

 

本日撮影した集合写真と

NICUに在籍している家族に向けた

私たち先輩からのメッセージは院内に飾られるそうです。

f:id:yokotedaichi:20170408182511j:plain

 

メッセージと笑顔の写真で

少しでも勇気付けられる家族が増えることを願っています。

 

 

私たちがそうであったように。

 

 

フトシ、あなたのおかげで

また新しい友達が増えましたよ。

 

 

end