読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

”笑顔”の英才教育はじめました!

エープリルフール

嘘をつくのをやめて

はや6年が経ちます。

 

来年は

気の利いた嘘をつけるように

1年間準備します。

 

こんにちは。

 

今週は

仕事の波もひと段落し

週に2日は

早めに帰ることができました。

 

フトシは

相変わらず寝る前に覚醒するので

妻も手を焼いています。

 

そんな時はあきらめて

一緒に踊ったり、音楽を聴いたりして

いるようです。

 

 

離乳食は

お粥 → 食べる

人参 → ばくばく食べる

大根 → 拷問ですか?という顔をしながら食べる

 

と順調です。

 

 

妻が

小さなケースに

離乳食を小分けにする作業を見るだけで

肩が凝りますが

スクスク育っています。

 

また、

お出かけも頻繁にするようになりました。

 

渋谷デビューもしました。

激混みの二子玉川にも行きました。

f:id:yokotedaichi:20170401130053j:plain

【渋谷のオーガニックカフェにて】

 

 

フトシは

なんのこっちゃわからない様子ですが

空気がきれいとは言えない場所に行き

順調に鼻くそが都会の色になってきています。

 

 

 

私たち夫婦が二人で話している時は

とってもいい子で

キャッキャ笑います。

 

笑いすぎってくらい笑います。

 

顔をくしゃくしゃにして

何度も何度も笑います。

f:id:yokotedaichi:20170401130439j:plain

【フトシのベストはひいばあちゃんのお手製、布は隣町で仕入れた模様w】

 

そんな笑顔を見るたびに

仕事の疲れが一瞬で吹き飛ぶと同時に

妻に対する尊敬と感謝が湧いてきます。

 

 

これだけ笑うことができるということは

私がいない間

たくさん微笑みかけている証拠です。

 

きつい時もあると思います。

私に対して「フトシとの会話がなくなるんだよね〜」

と言ってきたりもします。

 

しかし、それを差し引いても

これだけ笑うということは

妻の笑顔の英才教育の賜物でしょう。

 

最近、フトシの笑顔を見るたびに

そんなことを考えています。

 

実は私も

妻と出会って

表情が変わった一人で

 

昔は、笑ったときの自分の顔が

“トトロの猫バス”のようだと思っており

あんまり笑わなかったのですが

f:id:yokotedaichi:20170401125935j:plain

【24歳当時の不気味な笑み@インド】

 

妻と出会ってからは

表情筋が柔らかくなり

一瞬で頬の筋肉を

上にもってくることができるようになりました。

もちろん“猫バス”はかわりませんがw

 

 

笑うことが増えると

何もかもがポジティブに働くようになってきている実感があるので

妻には感謝ですね。

 

フトシが大人になった時

素敵な笑顔をたくさん作り出せる人になってもらう

 

それが今の目標ですかね〜

f:id:yokotedaichi:20170401130223j:plain

なーんて。

 

 

来週は、NICU卒業の人が集う会に行ってきます。

また、レポートしまーす!

 

end