男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

「かぞクリエイティブ」をみつけたいと思う話

Amazonを頼みすぎて

配達員の方に

申し訳ない思いが

日々増しております

 

こんにちは。

 

今週は結婚記念日の

2月22日以外は遅かったのですが

 

週に1日だけでも早く帰れると

幸福度が増しますね。

 

また、

朝は始業の1〜2時間前に行って

自己投資に当てたり、雑務処理をしたり

するルーティーンが確立されつつあり

なんだかいい感じです。

 

フトシは

本日「BCG=ハンコ注射」で

盛大に泣いておりました。

 

「こんなに小さい腕のどこに?」とも思いましたが

たくましく、やってのけました。

f:id:yokotedaichi:20170225150520j:plain

 

 

 

また、寂しさを表すようになってきており

「ブーブーブーッブー」と大量にツバを撒き散らし

アピールします。

 

もしこの表現方法が続くなら、

ブブゼラ南アフリカの楽器)でも買い与えようかと思っています。

(ちなみにAmazonで1,200円で購入できます。)

 

f:id:yokotedaichi:20170225150629j:plain

 

 

 

妻は昨日

米粉パン教室に行ったそうです。

合間を見つけて、ガンガンいろんなことをしていますね〜。

 

妻の結論としては

「料理教室に通うことは長続きしそうにないけど、ダンスとか物作りは続くかも」

とのこと。

トライ&エラーを繰り返しながら、日々たくましくなる妻は

なんだかとても楽しそうです。

 

さて、フトシが産まれて

これまでより色々な事を考えるようになり

表現するようにもなってきました。

 

家族を幸せにしつつ

しっかり生活が出来ればよいな〜と、

 

極論を言えば

家族と一緒に居ながら、お金を稼げたらな〜

なんて事を考えるようにもなりました。

 

お金を稼ぐ事は

まだまだ修行が必要かと思うので、

 

せめて幸せを作ったり、届けたりする事ができたら

と思って生活しています。

 

そうやって生活の中で、意識すればするほど

小さな幸せから飛び上がりたくなるような大きな幸せ

色々な形があることに気がつきました。

 

人により、何を幸せと思うかはわからないけど、

きっと、自分たちが良いと思ってくれることに

共感してくれる人はいると思います。

 

だから、今後幸せを見つけた時に発信しやすくするために、

家族を幸せにすることや道具に名前をつけることにしました。

 

その名も

「かぞクリエイティブ」

 

名前をつけることで

家族の幸せを見つけることを意識するしやすくなることが

狙いです。

 

例えば、素敵な家族写真や家族を笑顔にする本など

とっても広い意味をもっているのでとめどもないですが、

それをたくさん見つけて

発信することができれば良いかなと思います。

f:id:yokotedaichi:20170225150707j:plain

 

いよいよ血迷った人に見えていると思いますが

本人はいたって真面目に考えていますので

「かぞクリ」を見つけられるように

日々生活をしていきたいと思います。

 

土曜日の昼から

意味深なブログで

困惑させてしまい、すみません。w

 

それでは。

 

f:id:yokotedaichi:20170225150551j:plain

 

end