読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後をパパ目線でお伝えします!

両親の上京物語!晴れてみんなで、フトシの誕生をお祝いすることができました!

GCU NICU お父さん イクメン パパ 子育て 超出生体重児 超未熟児

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

他社へ打ち合わせに行き

出された飲み物の選択肢の中に

デカビタ(炭酸)があったことに

感激しました。

 

 

こんにちは。

 

 

今週は、

フトシに会えたのは週末のみ。

 

 

完璧に独り暮らしです。

 

とはいっても、

毎晩遅く帰るので

 

寝るだけなのですが・・・

 

 

散らからなければ

ゴミもたまらない

 

洗濯物置き場だけが

にぎやかで

 

その他の場所は

微動だにしません。

 

 

郵便物も

たまに来る

分厚めの情報誌が存在感をしめすくらいで、

 

 

我が家は時が止まったようです。

 

 

 

これって

奥さん里帰りあるあるなのかな~。

 

 

 

さて、

今週末は

私の母と父が東京に来ております。

 

私も東京に住み始めて10年がたつのですが

 

 

実家の宮崎県から両親が上京するたびに

「大丈夫かな」と気を遣います。

 

 

しかし

本人達は

10年間の余裕なのか

なんなのか分かりませんが、

 

 

「最悪、聞けば何とかなる!」と

 

 

母のスマホiPad

そして

一生テレビっ子宣言をしている父の

テレビで得た東京の知識を駆使して

 

たくましく上京してまいります。

 

 

 

ちなみに

父に吉祥寺を紹介すると

「あ~、住みたい町No.1のね!」とかいって

おおよその基礎情報が入っていることがわかります。

 

f:id:yokotedaichi:20161119094121p:plain

 

手慣れたもんだ。

 

 

 

 

もちろん

今回の目的は

フトシに会うこと。

 

2人がフトシに会うのは2回目です。

 

あの時と今回。

 

 

あの日

妻の緊急帝王切開が決まり

不自然な笑顔で妻を手術室へと見送り

 

その後

母に電話で事実を伝えました。

 

「大丈夫、大丈夫」と笑顔をつくりながら、

本当は何の根拠もない大丈夫を繰り返していただけの

 

自分の中の弱い部分が

 

母の声を聞いただけで

あふれ出たのを思いだします。

 

母の偉大さというか

 

一生母は母なのだと感じた瞬間でした。

 

その日のうちに東京にすっ飛んできた両親が

初めてフトシに会った時は

保育器の中で無数のチューブに繋がれて

懸命に呼吸をつないでいる真っ只中でした。

 

f:id:yokotedaichi:20161119093935j:plain

一体どうゆう状況なのか、

何が起きているのかの整理がついていない中で

初孫との対面という、

両親にとっても喜ばしい瞬間の訪れでした。

 

f:id:yokotedaichi:20161119093939j:plain

 

不安と喜びの両方が一気に押し寄せる感覚は

私達以上であったかもしれません。

 

 

大慌てで上京したので

宮崎のじいじ と 宮崎のばあば 

という響きをかみしめる暇もなく

過ぎさった3日間となったことでしょう。

 

 

 

 

そんな両親が、満を持してフトシに会いに来た。

両親にとっても、私たち家族にとっても

今週は特別な週末です。

 

 

両家そろって、

改めてフトシの誕生を祝える。

 

 

本当に嬉しいです。

 

 

辛さや苦しみを乗り越えた人は

人にやさしくなれる。

 

それぞれがまた1つ

人生の階段を登ったんだなと

 

フトシを囲み

温かな空気がながれる今、

かみしめる事が出来ています。

 

 

 

 

そういえば、

私の幼少期の新たな情報を

両親から聞くことができました。

 

「お前は、昔からイクメン予備軍であった」と。

 

理由は、

・2歳年下の弟の保育園の準備をしていたこと

(記憶にございません)

・ある日、父が保育園に迎えに行ったら、私が年下の子のトイレを補助していたこと

(ここまでいくと自分の事とはいえ感動すら覚えますw)

 

 

だから、子育てをしている私を見て

違和感がないのだと言います。

 

自分でも思います。

これはイクメン予備軍です。

 

はい。

 

 

 

他にも、

・父は子育てにほぼ関わっていなかった事

・母が2歳違いの男3兄弟を一人でお風呂にいれていた事

などを聞くことができました。

 

 

改めて話をすると

いろんな事が聞けますね。

 

 

妻や妻の両親

フトシがいるからこそ

できる話なのかな。

 

 

よくもそんなこと覚えているよなと

思いますが、

自分もフトシの事はそうやって記憶してくのかな。

 

 

来年、

妻の両親も一緒に宮崎へ行くことが決定し、

今から待ち遠しい素敵な週末のお話しでしたとさ。

 

 

f:id:yokotedaichi:20161119180425j:plain

 

東京のじいじ、ばあば

お・も・て・な・し

ありがとうございました!

 

end

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin