読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後をパパ目線でお伝えします!

そりゃ、キュンキュンしますよ!

お父さん パパ プレパパ ベイビー 保活 保育園問題 出産 夫婦 妊娠 子育て 実家 育児 赤ちゃん

 

 

 

f:id:yokotedaichi:20160522182715j:plain

世の中を半笑いであしらうような顔で

失礼します。

 

 

少しの間、ブログが止まっていました。

理由は、転職をしてバタついていたのと

FP2級の試験があったので、なかなか書けず。

 

 

さて、本日FPの試験が終わったわけですが

見るも無残な結果となりました

切り替えて、次へと行きたいところですが

まだちょっとやる気が起きないので、

と言い訳していたら、人生が終わるので

やり始めます。

 

とはいっても、まだ結果出てませんから。

祈りと勉強の割合を、9対1くらいに設定しておきます。

 

 

 

ところで、これ行きましたか?

“ドラクエ×リアル脱出ゲーム”

f:id:yokotedaichi:20160522183525p:plain

実は、今日のタイトルの写真は、このイベントで撮ったものです。

 

勘のいい人はわかっていますよね。

 

手にテープ、

首にスタッフパス、

顔は半笑い

 

これは、もうここで働いている人ってことでしょ。

 

半笑いってところが一番のヒントかもしれません。

 

転職先は、こんなものを作っている会社です。

 

 

 

さて、今回のイベントには、

ドラクエという最強コンテンツとのタイアップということもあり、

相当な賑わいをみせました。

 

 

そん中とあるグループは、

子どもが4人に、親が4人でお越しくださいました。

 

詳しくはわかりませんが、2・3家族が集まって構成されているようでした。

 

その中のあるパパが、こう尋ねてきました。

 

あるパパ「このゲームは大体何時間くらいかかるの?」

 

 

通常、リアル脱出ゲームは、

1時間以内などの制限が設けられているものが多いのですが

今回のイベントは時間無制限だったので

 

受付「大体4時間くらいかかります!」

 

あるママ「えっ、そんなにかかるの?(驚き!)」

 

 

 

 

まあ、普通そうなります。

だって、4時間歩き倒すわけですから。

 

 

 

 

 

しかし、そのあるパパは、

子どもたちの方を見て・・・。

 

あるパパ「4時間だって!どんな冒険が待ってんるんだろうな?ワクワクするね!」

 

 

 

この切り返し。

なんという、気の利いた言葉。

なんもいえね。。。 

 

 

 

 

 

これを聞いていた女性スタッフは、

「キュンキュンした」

と言っていました。

 

 

そりゃ、私でもキュンキュンします。

 

 

 

 

これで、子どもが喜ばないわけがありません。

ワクワクが倍増です。

テンション、ぐーーーーーーーんです。

 

 

 

このパパは、レゴで遊ばせる時も、

絵本を読む時も、お話をする時も、

絶対子どもを飽きさせないんだと、この一言でわかります。

 

 

 

みならいたーい。

 

 

そう思わせてくれる出来事でした。

 

 

 

子どもにワクワクをプラスしてあげるのは

大人の仕事です。

 

 

 

プラスをしてあげるためには

日々アンテナを張って生きる事以外に、方法はないと思います。

 

 

そんな良い意識で、初夏を迎える事ができそうです。

 

 

 

お腹がだいぶ出てきて

いろんな事が苦しくなってきた妻が

猛暑が続くと言われている、今年の夏をどう乗り切るのか・・・

“気の利いた言葉とサポート”

妻にも必須ですね。笑

 

 

end