読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

「ピザポテのおじさん」の、説得力しかない助言!

気が付けば、4月も20日がたちました。

色んなことがあればいいなと思いながら、

そんなに大したことが無かった、

そこのあなた。

こんばんは。

 

 

 

さて、まずは以下の文章をお読みください。

 

==================================

facebookの返答。

職業柄、女性が多いからその意見だけど。

奥さんが拒否をしないかぎり立ち会わないとのち揉める。

この揉めるのは10年後、20年後とかそういった単位での話。

かけがえの無い子供誕生の瞬間、そこを共有出来るのは同じ瞬間、

産まれる子の遺伝子を共有した父親、母親だけです!

この時間の一瞬の瞬間を共有をしてるかしてないかで

今後の父親像も変わるとさえ言われるらしいよ!

 

まぁ、すごく考えてるようならこれ以上茶々は入れんが、

こういったときは偉人の言葉、行動ではなくて

自身の直感も大事だとも思ったので連絡〜

 

たかが一瞬、されど戻ってこない一瞬。

立ち会うのも立ち会わないのもある程度の覚悟はいるらしいです。

※周囲の父親談より

 

それでわー♪(´ε` )

===================================

 

 

この世の中にはなんて良い人がいるのでしょうか?

そう思った人も多いのでは?

 

 

昨日のブログ「俺は絶対に立ち会わない!もう決めた!」を受けて

私の、古くからの友人Yがラインをしてくれました。

 

 

ブログやfacebookにコメントするのではなく

ラインにです。

f:id:yokotedaichi:20160420175311p:plain

Facebookによこせや!笑

 

 

 

Yは、中学一年生の時に転入生として入ってきて

中学二年生の時に引っ越して行きました。

 

 

約2年間の付き合いでしたが、

その後も何となく付き合っています。

 

 

会う頻度としては、年に1・2度。

ちょうど、ピザポテトを食べたくなる頻度が年に1・2度なので

フトシが生まれたら、

「ピザポテのおじさん」

と呼ばせることにします。

 

 

そんな、「ピザポテのおじさん」は

昔から見た目に反して

優しさの塊みたいな人です。

 

 

ちなみに、見た目は、

今でこそ、少しポチャッとして来ましたが

当時はポケモンイワークにし見えませんでした。

f:id:yokotedaichi:20160420174902g:plain

中学1年とは思えない、その体格の良さに本当にビビりました。

「やばい、新たなガキ大将来たわ・・・・・・」

と、当時のガキ大将であった私は焦りました。

(まぁ、そんな心配はないくらい優しかったのですが、、、、)

 

 

 

最近でいうと、引っ越しを手伝ってくれました。

我が家における「ピザポテのおじさん」は

かなり重要な位置を占めているのです。

引っ越しという人生のターニングポイントに携わったのですよ。

 

 

なんなら、私の一人暮らしの時代から数えると4回くらい

引っ越しを手伝ってもらっています。

本当に頭が上がりません。

次の引っ越しもよろしくね!

 

 

 

 

 

そんな「ピザポテのおじさん」に、言われた助言。

気が付いた人もいると思いますが、

ピザポテのおじさんは、看護師をしているのです。

 

 

看護師になった理由は、優しさを買われて

優しさのみで看護師になれたとかなんとか・・・。

のみで。

 

 

 

その、看護師に熱弁されている。

 

 

 

 

これは、再考の余地がありそうですね。

 

別に、意思が弱いわけではありません。

 

考え直してみるというだけです。

 

まだ、立ち会わない方に傾いているんですからね。

 

立ち会わない方に、いるんですよ。

 

 

た・ち・あ・わ・な・い

 

 

 

た・・ち・・あ・・う・・な・・い・・

 

 

 

た・ち・あって・み・た・・・・・い・

 

 

 

 

迷っています。

正直、「一瞬」とか言われたら迷うに決まっているでしょう。

それは、もう迷うでしょ。

 

 

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

 

 

 

「ピザポテのおじさん」

あなたの呪いは、ここから先、私を苦しめそうです。

そして、あなたの助言が家族を幸せにしそうな予感もしています。

 

 

八月の下旬に引っ越しを考えています。

その時には、またよろしくお願いします。

 

 

 

皆様、ご意見お待ちしております。

 

 

end