読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後をパパ目線でお伝えします!

飽き性な自分に誇りを!

お父さん パパ プレパパ ベイビー 保活 保育園問題 出産 夫婦 妊娠 子育て 育児 赤ちゃん

久しぶりにフットサルをして

体がバキバキで

かつ、目標に向かい全然勉強がはかどらない

今日この頃

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

さて、私が今勉強していること

それは、

f:id:yokotedaichi:20160414161403p:plain

FP2級(ファイナンシャルプランナー2級)

 

 

 

 

今年3月に3級を取って安堵してしまったのか

体が2級の参考書を手に取らない仕組みを構築しつつあります。

 

既に受験料は払い済みで

後には引けない状況を作り出しているのですが

なかなか、気が進みません。

 

 

 

 

 

 

 

理由は一つ、究極の飽き性であるからです。

自分でもびっくりするほど飽き性なわけで

首を突っ込むスピードは速いが

飽きるのも早い。

 

 

 

 

そんな性格に、一時は悩んだこともありますが

「成功者は飽き性」

「舵を切り替えることができる人が一流」

 

などの自分に都合の良い言葉だけを拾う能力も同時に身に着けているせいか

むしろ、飽きる事に何のうしろめたさも持っていないわけです。

f:id:yokotedaichi:20160414161405j:plain

堀江貴文のQ&A vol.539〜飽きてもOK!?〜 - YouTube

 

フトシに遺伝するなら、都合の良い言葉だけを拾う能力も含めて、遺伝してほしいです。

 

 ちなみに妻は、継続が得意です。

よく私に、

妻「あなたは、私にチャレンジ、チャレンジ、チャレンジって言うけど、私はあなたに、コンティニュー、コンティニュー、コンティニュー、と言いたいよ!

と正反対の性格だからこそのアドバイス?をくれます。

なんと、頼もしい!

 

 

というわけで、諦めるのは自分的にもよろしくないので

5月下旬の試験に向けて頑張ります。

 

 

 

 

 

そんな勉強の中で、

お金に関する知識が深まっています。

 

 

今年の2月は、勉強した自信をひっさげ

あえて自分で確定申告をしました。

 

源泉徴収で会社が税金の管理をしてくれる日本は

なんて素晴らしい国家なのだと感心させられました。

 

それと同時に、税金に関する興味関心が無く

何税がいくら引かれているのかも把握していない

ということに、焦りも感じました。

 

 

 

 

アメリカでは、源泉徴収の仕組みが無いので

全国民が自分で確定申告を行います。

 

金融教育が日常的に行われていいます。

それ故に、自分の払った税金がどのように使われていくかに関心があります。

つまり、その税金が投下される政治や教育が他人事では無いわけです。

 

 

 

万が一、選挙で悪い人を選んでしまったら、

税金を多く払わなければならない可能性もあるわけですから

選挙の投票率も日本のように40%程度の低い水準にはなりません。

f:id:yokotedaichi:20160414162449j:plain

 

 

 

父として、金融教育をしてあげることができるなら、

フトシの未来も明るくなるのかな~

 

 

 

 

ちなみに、出産にかかる費用は

50万円~100万円といわれています

 

  • 健診費用:約10万円
  • マタニティ用品の費用:約5万円
  • 出産準備用品の費用:約10万円
  • 出産費用:30万~70万円

 

結構かかるのですが

健康保険からの一時金が42万円支給されるので

上手くやりくりすれば、大きなお金はかかりません。

どこで金額差が付くのかは、出産費用ですね。

部屋を集団部屋にするのか、個人部屋にするのかなどで変わってきます

hoken-kyokasho.com

 

 

FPの独学には飽きていますが、

子どもに関するお金の事は、

妻と2人で知識を身に着け

それぞれがプレゼンを行う方式で高めています

大変生産性があります

f:id:yokotedaichi:20160414161409j:plain

 

 

 

是非やってみてください!

 

 

 

 

終始まじめな話、失礼しました 笑

 

 

 

end