男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

今週、妻が仕事復帰をはたします!

ハリル来てしまいました。

メディアの皆さん

そんなに騒がないでください・・・

 

こんばんは。

すっかり遅くなりました。

 

今週フトシは、

保育園の送迎時に一切泣かなくなりました。

なんなら、顔すらゆがめません。

f:id:yokotedaichi:20180422225751j:plain

【三輪車のりまわしてますw】

 

 

毎日の保育園の様子は、

帰り際に担任の先生に聞くか

共有アプリで送られてくる写真でチェックします。

 

最近は

3時のおやつをおかわりするのだとか。

 

まだしゃべることができないので

どうやってねだっているのでしょう?

 

試しに本日の夕飯時に

「おかわりする人~?」と聞いてみたら

両手をあげました。

 

完全に言っている事は理解しているので

迷惑をかけない程度のおかわりであることを願います。

f:id:yokotedaichi:20180422225658j:plain

 【顔や立ち姿が本当にしっかりしてきました】

 

 

また、

雨の日にボールプールで遊んだ時には

ボールを両手で2つ持っては、

メガネポーズを延々とやったり

f:id:yokotedaichi:20180422225549j:plain

 

花壇のお花を見に行った時には

花壇の端から端までをカニ歩きしながら

両手でおはなポーズを繰り返したり

f:id:yokotedaichi:20180422225630j:plain

 

 

とにかく

意味わからない行動と

元気な姿を見せてくれています。

 

休みもせず

早退もせず

3週間過ごすあたりは

フトシの強さを感じます!

 

 

 

そして、

いよいよ4月27日(金)

妻が職場復帰をはたします!

 

この一ヶ月は

フトシを保育園に預けることができたので

リフレッシュと準備を少しずつ進めていたようですが、

 

やはり不安なようです。

 

今日も「あと4日か~」

を連呼していました。

 

フトシが産まれた

2016年6月28日から、

1年10ヶ月がたちました。

 

あの日、

緊急帝王切開が決まってから

すぐに妻の会社に電話をしたのを思い出します。

 

産前休暇の2ヶ月も前なので

仕事の引き継ぎもされていなければ

会社の皆さまへの挨拶も無く

 

いきなり、妻は

母になりました。

そんな妻の事を気遣い

「こっちは落ち着いてからで良いので、今はそばにいてあげてください」

と電話越しで言われた時には

私自身が救われたのを覚えています。

 

それからも

心配して何度か連絡をいただいたり

実際に職場の人が遊びに来てくれたり

妻とフトシがオフィスに遊びに行くことを許してくれたり

 

とても優しさと理解のある会社で

また妻は働くことができると思うと

感謝しかありません。

 

もちろん

仕事なので

楽し良いことだけではないし

むしろ辛いことの方が多いと思います。

 

でも、妻がそこで出会った人々は

なにものにも代えがたい

一生ものの財産であると思います。

 

あの瞬間を共有して

一緒に妻を心配してくれた大切な仲間なのかなと。

 

これから妻は、

家族と仕事と自分を

はじめて同時に経験します。

 

諸先輩方の教えを請いつつ

家族で頑張っていきましょう!

 

どうなることやら。乞うご期待!

 

それではまた来週!

 

end

「母の日は、ママに自由を計画」始動!!

ハリル、

ワールドカップが終わるまでは、、、

お願い、、、、

 

こんにちは。

 

今週フトシは、

保育園で図太く生きておりました。

f:id:yokotedaichi:20180414163205j:plain

 

先週から続いていた

保育園の先生に渡す時の「ロック」は

金曜日で無くなり、

 

バク食いや安定の昼寝を駆使して

保育園での確かな地位を築いているようです。

f:id:yokotedaichi:20180414163222j:plain

 

f:id:yokotedaichi:20180414163232j:plain

 

 

朝7時30分に送っていく生活がはじまり

まだ、朝ごはんをあげたり、身支度をしてあげたりはできていませんが

中々にいい生活です!

 

保育園に行く意味は

子どももさる事ながら親にとっても確実に良いですね!

 

 

 

 

そんな効率的な朝を過ごしている中で

フトシの成長について考えるタイミングがありまして

 

「どうやったらフトシが人を喜ばせることに喜びを感じるようになるか?」

「どんな働きかけをしたら感謝ができる人になるか?」

 

などと漠然と考えていたら

近々、母の日(今年は5月13日〈日〉)があることに気が付きました。

 

これはチャンスと思いつつも

まだフトシは何もできないな~と考えていたら

あるアイディアが浮かんで来ました。

 

それは、

「母を自由にする事ができたら、母を喜ばせる事ができるのではないか?」と。

「特に、小さい子どもを持つ母親はそう考える事があるのではないか?」と。

 

ということで、

こんな母の日イベントを企画します!

 

 

 

バン!

f:id:yokotedaichi:20180414162401j:plain

 【会社の、できる後輩に昨日発注した特性イベントバナー】

 

 

皆さん、

いや、パパさん

 

おとちちとフトシと共に

5月12日(土)1日中遊びませんか?

 

私達が遊びまくっている間

ママ達には、悠々自適に過ごしてもらおうじゃあーりませんか。

 

具体的なプランは参加人数等によって調整しますが

現状は、東京都内の

・動物園 ・水族館 ・遊園地

などの子ども大好き施設の中から場所をPICK UPして1日中遊ぶ予定です!

 

もちろん朝から夕方まで、みっちりやるつもりですが

途中参加・途中解散ありの

気軽なイベントにしたいと思います!

 

 

想像してください、

パパと子どもだけの集団が群れをなして、のそのそと。

考えただけでニヤニヤしちゃいます。

 

1人で子どもを連れ出すのはおっくう、怖い、と思っているあなた、

皆がいれば怖くないよ!

 

1人では子どもと長い時間過ごす事ができないと思っているあなた、

皆がいれば子ども達どうしでよろしくやってくれるよ!

 

しかも、

母の日の前日ってのがPOINTです!

 

今年の母の日は、

いやこれからの母の日は2日間で考えましょう!

 

つまり、

母の日前日は母を1人にする

母の日当日は家族で過ごしたり感謝を伝えたりする日にする

 

どうですか!

 

新しい母の日への提言みたいでなんか申し訳ないですが、

これ誰も損しないと思います。

 

 

パパ ・子どもと一緒に有意義な時間を過ごせる

   ・パパ友ができる

 

子ども ・ワクワク楽しい

    ・友達ができる

    ・パパとの距離が縮まる

 

ママ ・自由な時間を過ごせる

   ・ママ依存からの脱出

 

 

ということで、皆で遊びーましょ!

 

 

参加条件は、パパと子どもであること。

その他は何もありません。

 

 

知っている人も、はじめての人も

ママを喜ばせたい、子どもを楽しませたいと思って集まるのです。

 

間違いなく良い会になると思います。

温かな空気の中、皆で仲良くしましょう!

 

参加希望の方は

下記の概要をご覧いただき

申込みフォームよりエントリーしてください!

 

===概要===

日にち:2018年5月12日(土)

 

時間:9時~17時

 

遊ぶ場所:参加人数等により決定

     ・動物園 ・水族館 ・遊園地  など

 

エリア:東京都内

 

参加条件:パパと子どもであること

    ※パパ、子ども共に年齢制限はありません

 

申込フォーム:https://goo.gl/forms/pyXXz08k9PeualK23

 

申込期限:5月9日(水)23時59分

 

備考:・途中参加、途中解散あり

   ・お子様の状況に応じて個別での行動に変更も可能

   ・詳細は、5月7日(土)から随時メールにてお送りします

   ・参加申込をされた後、都合が悪くなってしまった場合には、下記メールアドレスまでご連絡ください アドレス:wpday1117[at]gmail.com ※[at]を@に変えて送信してください

========

 

皆さんのお越しをお待ちしております!

お誘い合わせの上ご参加ください!!

 

 

この記事を読んだママ、

パパにそっと

LINEでこの記事を送ってください。

そっと。w

 

 

 

それではまた来週!

 

 

end

 

 

 

 

娘が、保育園に入園しましたよ!

Jリーグ」か「おかあさんといっしょ」しか見ていなくて

世の中で何が起こっているのか知りません。

 

こんにちは。

 

今週月曜日はフトシの

保育園入園式がありました!

 

保育園にいくために

断乳をしたり

自転車を買ったり

引いては

保育園戦争を戦ったり

 

入れるまでに一苦労した気がしますが

 

無事入園式を迎える事ができました。

f:id:yokotedaichi:20180407174958j:plain

 【保育園に到着したら寝てましたw】

 

 

入園式は、

子どもたちがスタスタ歩きまわったり

ぐずったりもあってか

 

サクッと

10分程度で終わりました。

 

ココから得た教訓は

入園式は特に感動は無いということ。w

 

f:id:yokotedaichi:20180407183923j:plain

 

 

入園式後には

1歳児クラス(10人)の教室に行って

オリエンテーション

 

すぐにおもちゃに飛びついたフトシ、

やはりココでもカオスと化した部屋。

f:id:yokotedaichi:20180407175325j:plain

 

 

先生の大切な説明はもちろん聞き逃します。

 

しかし、親どうしのコミュニケーションが取れたので

なんかワクワク。

f:id:yokotedaichi:20180407175656j:plain

【ばあばもこっそり覗きに来て、テンション上がるフトシ】

 

 

そして翌日、火曜日からはじまった送り迎え。

 

私は、朝9時(今後は7時30分)までに

フトシを送りとどけるよう努めております。

 

フトシの着替えや朝食は一旦妻にお願いし、

自分の準備が整ったら

セコセコ自転車に乗せていきます。

 

保育園についたらやることが多くて

覚えられるか不安でしたが

1週間もやればなんなく覚えました。

f:id:yokotedaichi:20180407175429j:plain

 【絵本がやっぱり好きみたい】

 

 

初日に、

フトシを保育園の先生に渡した時の

「え!?何??」

の顔がほんとに可愛いくて

 

次の日も見れると思ったのですが、

さすがに学習しておりました。

 

 

ロック

 

 

私が手を離そうとすると

ギャン泣きで私の首を腕でロック。

 

 

離れません。

 

 

無理やり離して

バイバイするのですが

ずっとそこで見ていたい気持ちになります。

 

 

あんなに泣かれるとね~

 

 

保育園中は

 

友達のおやつを取ろうとするほどバクバク食い

泣きつかれてよく眠り

適度におもちゃで遊んで

妻が迎えにきたことが分かると泣いて

 

を繰り返しているようです。

 

金曜日には、迎えに来ても泣かなくなっていたというから驚き。

そのうち、私が送っても泣かなくなるのでしょう。

 

 

 

あんなに小さく産まれてきたのに

図太く、たくましく、保育園に行っています。

 

その不思議さと言ったらないです。

 

 

集団の中にいるフトシ

他の大人に見てもらうフトシ

僕らの手を離れるフトシ

 

フトシの成長が毎日感じられて

妻の閉塞感が少しずつ解消されて

私の朝の時間の使い方が上手くなって

新しい友だちが増え

 

素敵な生活がはじまっています。

 

 

 

春の陽気に誘われて、

調子に乗った入園式の服装。

 

その日一番のインパクトを残し、

その後も毎朝笑顔で元気に挨拶をしまくっている

不思議なおとちちから目が離せません。

f:id:yokotedaichi:20180407175606j:plain

 

と思われているかは、

わかりません。w

 

 

 

それではまた来週。

 

 

end

いよいよ明日、保育園に入園します!

4月、

桜っていいですね!

 

こんばんは。

 

今週水曜日に

初めてフトシはカットデビューしたとのこと。

f:id:yokotedaichi:20180401212320j:plain

顔を触られるのが大っ嫌いなフトシが

じっとしていられるわけもなく

 

美容師の方に相当嫌な顔や発言をされたとか。

 

なら、初めっから大丈夫ですって言わないでよ

 

と妻はかなりのヘイトが溜まっていました!w

 

 

また、

木曜日に家の近くにある井の頭公園に妻とフトシが行ったそうです。

今は平日とはいえども、お花見客で相当にぎわっていて

着いた瞬間あまりの人の多さに、失敗したと妻は感じたとか。

 

そんな中、フトシがてくてく歩いて行った先で

大人の女性2人と小学校1年生くらいの女の子がお花見をしていました。

 

そこで、すいませんと言いつつ

「何歳ですか?」などといつものように会話をしていたところ

 

その女の子、700gで生まれたというのです。

 

そして名前も「心」が入っているという偶然。

(フトシの本名にも心が入っています)

 

引き寄せられるように、フトシが歩いて行ったというのだから驚きです。

 

隣にいたもう一人の女性はその偶然に涙ぐんでいたようです。

 

1000g未満で生まれる子の確率が、

0.03%と言われているので

偶然具合が凄いですね!

 

 

 

昨日、今日は

妻の体調がよろしくなく

 

フトシと2人で

公園に行ったり

買い物をしたり

保育園に自転車で行ってみたりしました。

 

滑り台の階段をスイスイ登って

滑りおりるときビビっているフトシの顔が可愛いですね〜

 

ものの名前を覚えるようになってきて

「**持ってきてー」

と言ったら大概のものは持ってきます。

 

いい感じに日々成長していますね〜

 

 

 

さて、明日はいよいよ

保育園の入園式です。

 

初めて集団の中にフトシを送り込むわけです。

 

フトシは、相当おてんばなので

ほどよくやってほしいですね〜

 

入園式の翌日から

私が朝7時30分にフトシを保育園に送り

妻が18時にフトシを迎えに行く

サイクルがはじまります。

 

フトシを朝送って行くときにギャン泣きされるのは間違いありません。

雨の日に自転車に乗せるのは厳しい戦いになることは目に見えています。

保育園に行っている途中で熱を出したりしてお迎えにいくこともあると聞いています。

 

これまでとは違う、負けられない戦いがはじまります。

 

しかし、

保育園に預けることで

一層たくましく成長してくれると思うので

軌道にのるまで頑張ります!

 

小さく生まれたって

やれるところ見せてやれー

フトシよ、明日からは頑張るぞー

 

それではまた来週!

f:id:yokotedaichi:20180401212430j:plain

 

end

読書が好きな我が娘!

家の更新をするか否かで迷っています。

 

こんばんは。

 

すっかり春らしくなってきました。

 

先週の日曜日から

妻とフトシは熱を出しておりました。

 

妻の実家に帰り静養して

だいぶ良くなりましたが

まだまだふたりとも鼻声でございます。

 

4月2日には

保育園の入園式があります。

 

そこまでには、コンデションが万全になると良いのですが。

 

あっ、1つ悩んでいる事があります。

 

「保育園の入園式の格好って何?」

 

ということです。

 

小学校や中学校などは何となく

スーツで置きにいけば良いと思いますが

そこまでするか?

 

フトシにも何着せようかと悩んでおります・・・

先輩方、教えてください!1歳児と親の服装を・・・

 

 

ちなみに、

私の小学校入学式時の写真です。

f:id:yokotedaichi:20180325203858p:plain

 

母はシュッとしていますが

私はゴリラの息子にしか見えません。

 

 

 

さて、最近のフトシのトレンドに1つに

「読書」があります。

 

読んで欲しい時は

本を持ってきますし

 

自分で読みた時(見たい時)は

おとなしくパラパラとページをめくっています。

 

私達親としては、

ガチャガチャ機敏に動き回る時と

読書とのギャップに驚きまくりなのですが

 

まあ、読書は絶対的に悪いことでは無いので

微笑ましくみております。

 

読書がトレンドになっている要因はいくつかあると思っています。

 

1 本がある環境であること

まず、我が家には読み物が沢山あります。

フトシの絵本や雑誌、私の本、妻が読む新聞。

 

とにかく整理が難しくなるくらい読み物があります。

 

毎日妻が新聞をペラペラめくる姿を見たり

数日に1冊ずつ積み上がっていく本を眺めたり

 

フトシにはめくることや読むことへの抵抗が無いよう思えます。

 

私達の背中が

フトシを読書へと向かわせていると勝手に予想しています。

 

2 何かで気を引く時には、本を使うこと

これは、本当にやって良かったと思っていますが、

・機嫌が悪い時

・何かを欲している時

・いたずらをしている時

 

「はーい、本読むよ-」と声をかけ

 

「ふんふんふん、なるほど~」

「へーそうなっているんだ-」

「面白いねこれー」

 

とわざとフトシの前で本を読みます。

なんでも良いのですが、

とにかくフトシを意識して本を読みます。

するとどうでしょう、

フトシが興味ももってのぞきに来るではありませんか。

 

なんにも分からない時からこれをやっていたので

あの紙の塊は面白いものと認識されているのかもしれませんね。

 

 

3 読み聞かせは感情を込めてやっている

これ恐ろしく面倒くさいと思われがちですが

我が家では夫婦でこれを実践しています。

 

私の方がフトシと接する時間が少ないので、

妻は本当にうんざり来ることもあるとは思いますが、

声色とストーリーの流れに沿った感情表現は大切にしています。

 

こんな事を言うと高度に聞こえますが、

明るい絵本は明るく

男性の声は低く

とかそんな程度です。

 

ちなみに、

若干私のほうが上手いので

私がいる時は

私に絵本を持ってくるようになっています。w

 

 

まあ、今読書がトレンドであるからと言って

これからそれが続くとも限りませんが

 

親のやることを真似するとということだけは

はっきり言えます。

 

良い習慣を身に着けさせていきたいですね!

 

 

 

明日からは

保育園に通うための

予行練習をはじめます。

 

朝は6時起きです。

 

がんばります!

 

 

それではまた来週!

 

f:id:yokotedaichi:20180325202109j:plain

【もう一つのトレンド、すべり台】

 

 

end

「しまじろうと まほうのゆうえんち」での学び

風邪引いたと思ったら

花粉症を発症していたなんて話があります。

明日は我が身な気がしてなりません。

ムズムズします。

 

こんばんは。

 

今週フトシと妻は

定期検診に行ったり

近くの幼稚園のイベントに行ったりしました。

 

週末につくる作りおきが

驚異的な力を発揮しており

家事が相当楽になっている模様。

 

さて、

昨日は

「しまじろうと まほうのゆうえんち」

@東京ドームシティ アトラクションズ

f:id:yokotedaichi:20180318191421j:plain

 

realdgame.jp

に行ってきました。

f:id:yokotedaichi:20180318192259j:plain

 

 

 

 

 

こちらは私の仕事絡みで

妻とフトシを引き連れて行ってきたのですが

 

 

結論を申し上げます

 

子育ての価値観変わります!

 

 あいにくフトシは

対象年齢にとどいておらず

要所でアクティビティを

楽しんだだけだったのですが、

f:id:yokotedaichi:20180318191618j:plain

【ボールプールで楽しそうにボールを投げるフトシ】

 

 

そんなおとちち家でも満足できる内容でした。

 

子ども達の圧倒的な没入感

 しまじろう御一行と一緒に

まほうマスターになって

いじわるメーロをやっつけるという設定で、

 

親子で協力しながら

園内に散りばめられた、なぞなぞやアクティビティを攻略して行きます。

f:id:yokotedaichi:20180318191948j:plain

f:id:yokotedaichi:20180318192044j:plain

 

 

オープニング映像を見ている時の子どもたちの

ギアはローの中くらい。

f:id:yokotedaichi:20180318191916j:plain

 【フトシはマントも帽子も全て剥ぎ取りましたw】

 

 

しかし、ステージをクリアして行く毎に

イキイキと目を輝かせていきます。

 

もう、最後のステージをクリアした時の

子どもたちのドヤ顔ったらありません。

 

1時間イベントの中で

子どもが目に見える形で成長を遂げていくのが分かります。

 

興奮と満足に満ちた子どもの顔は、世界を救います。

 

フトシ以外の子どもたちを見ていて

それを感じ取ることができたのです、

自分の子どもがそうなっていたら

おそらく泣きたくなるでしょう。

 

 

感情の起伏の設定というか

コントロールというか

すばらしい。

 

 

親が待つことの大切さを学ぶ1時間

 

親としても学びがありました。

 

各ステージをクリアするためには

対象年齢的にも

親の誘導が不可欠です。

f:id:yokotedaichi:20180318192734j:plain

どこで、どんな助言をするかは

親の判断なのですが、

 

とにかくイベントのあらゆる所で

考えている子どもの一生懸命さを目の当たりにします。

f:id:yokotedaichi:20180318192836j:plain

 

それを見ると

言い過ぎる事や教えすぎる事の意味を考えさせられます。

 

待って待って待って

子どものチャレンジを

そして失敗を許容してあげられるタイミングが

「しまじろうと まほうのゆうえんち」内には数多く存在します。

f:id:yokotedaichi:20180318193047j:plain

 

 普段は時間に追われてやってあげたほうが早いとか

子どもが恥をかかない為に親が全面的に協力するとか

色々な事が邪魔して

考えたりチャレンジしたりしている子どもを待つことができないそんなあなた!

 

待つことが一番の教育であることを

 

周りの親御さんを見て感じ

イベントを通して自分のものとしてください。

f:id:yokotedaichi:20180318192538j:plain

 

 

 

 

とまぁ、偉そうに分析をしたわけですが

成長を感じる事ができる1時間である事は間違いありません。

 

「しまじろうと まほうのゆうえんち」は

5月まで、東京・大阪(ひらかたパーク)で開催されているので

お近くの方は是非行ってみてください!

f:id:yokotedaichi:20180318193310j:plain

 

 

 

 

あっ、大事な事を忘れていたました!

 

イベント後子どもは、

疲れてぐっすり寝ます。

 

f:id:yokotedaichi:20180318192356j:plain

【もちろん2大スターのもう1人への挨拶も忘れませんw】

 

 

それでは、また来週!

 

end

 

いっさいはん のすすめ!

あの日から7年。

7年って本当に色々な事があります。

しみじみ感じます。

 

こんばんは。

f:id:yokotedaichi:20180311205948j:plain

 

 

今週妻とフトシは、

妻の会社に行ったり

f:id:yokotedaichi:20180311205828j:plain

 

写真撮影会に行ったり(行き過ぎ説)

f:id:yokotedaichi:20180311205901j:plain

 

ショートフィルムを見に青山迎賓館に行ったり

f:id:yokotedaichi:20180311205918j:plain

 

バタバタとしていたようです。

 

 

走ったり、

言語が増えたりして

フトシ自身が楽しそうにする機会が

増えているように思います。

 

最近の一押しは、

曲をかけると体を横にゆらゆらさせてリズムを取る所ですね。

 

かわいい!

 

ちなみに、

妻とフトシにこんなに多く予定が入るのは

以前から紹介している

Googleアラートのお陰です。

検索ワード次第で、有益な情報が入るので

お出かけ欲も増すかも!?

 

 

さて、フトシは

生後1歳8ヶ月、修正1歳5ヶ月になりました。

外出先などで「何歳ですか?」と聞かれたら「1歳半です」と言うようにしています。

しかも、それを半年くらい続けています。

 

短いコミュニケーションの中で、小さく産まれてきた事を言う時間が無いから

色々と端を折って「1歳半」と言っているのですが、、、。       

 

そんな1歳半歴が異常に長くなっているフトシだからこそ

出会えた絵本をご紹介!

 

その名も『いっさいはん

 

こちらは妻が

新聞を読んでいた際に見つけたのですが

 

一歳半の実情を

キレイにつかんでいます。

 

f:id:yokotedaichi:20180311210353j:plain

【食べながら寝るはとてつもない可愛さ】

 

f:id:yokotedaichi:20180311210355j:plain 

【洗濯物からお米、我が家はシールもでてきます】

 

 とあるある

と思うことばかりで

 

相当面白いです。

 

子育てをしていると

疲れてしまうことも多いですが、

 

こういう作品が増えれば

 

それが愛らしいと思えるので

いいですねー。

 

この他にもあるあるが無数に描かれているので

いっさいはん」おすすめです!

 

 

フトシの髪型的に

この作品の子に似すぎていて

他人事だとは思えないのかもしれません。w

 

 

保育園の入園が

4月2日。

 

生活の見直しと

必要物資の調達に休日を持っていかれています。

 

最近でいうと

・電動自転車購入

・休日に料理の作り置きの練習

など、いよいよといったところ。

 

 

来週は、

我が家の2大スターの1人

「しまじろう」の

親子イベント体験レポをお届けします!

realdgame.jp

 

乞うご期待!

 

 

end