男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

浣腸はつらいよ。

みるみる体重が落ちていきます。

ボクササイズジムの効果が絶大です。

 

www.b-monster.jp

 

もう行かないと

眠れないくらいになっています!

 

 

こんばんは。

 

 

今週は

先週からぶっ通しで働いていたので

なんだかよく分からない感覚でした。

 

妻とフトシは

抱っこ紐の試着会&撮影会に行ったり

f:id:yokotedaichi:20170715192158j:plain

【撮影中、全く笑わなかったフトシ】

 

渋谷まで親子上映会に行ったり

実家に戻ったり

友人と会ったり

してバタバタと充実した日々を過ごしたそうです。

 

 

特に親子上映会は

一人でフトシを映画に連れていくことができて

良い自信となった模様で

妻はご満悦でした。

www.uplink.co.jp

 

 

また、先週のブログで

HELPと声高らかに宣言したところ

 

なんとも多くの方からアドバイスいただきました。

本当にありがとうございました。

 

まともに返事をすることができておらずですが

 

いつか

おとちちブログ内で紹介します!

 

みなさんの試行錯誤しながら得た知恵を

おとちち家のように求めている人は絶対いるので、

偉そうなことは言えないですが

少しでも多くの方に、その知恵を披露できればと思っています。

 

絶対紹介しますねー。

 

 

 

さて、先週のブログの中でも紹介しましたが

フトシは便秘に悩まされておりました。

皆様から得た情報を試す前に

いっちょ病院に行ったのですが

案の定、詰まっておりました。

 

その為、

浣腸療法にて刺激を与えたわけですが

それがものすごい効果だったらしく

テニスボールほどの

ブツが出てきたそうです。

 

それは苦しかったろうに

よく我慢したねと心から労いの言葉をかけてあげましたが

 

やっぱり

便秘の子多いみたいですね。

 

離乳食が始まるとなりやすいようで

便秘になったら

まず病院という手段もありですね。

フトシのようにいっぱい溜め込んでいる可能性がありますしね。

 

また、3・4日出なかったら

浣腸らしいです。

頑張れ

フントシ!!!

f:id:yokotedaichi:20170715192250j:plain

【前髪を切りました】

 

来週は

初の家族旅行にいきます。

行き先は愛知県。

2泊3日で

弟の家に遊びにいきます。

(弟にも第一子が誕生したので、おとちち家方が集まってみんなでお祝いします)

 

新幹線も予約し準備万端!

 

これまでに

都内や横浜に遊びに行って

練習を積んできた成果を発揮する時がきました。

 

雨の日も風の日も

親の都合で

厳しいトレーニングを積んできたフトシにとって

愛知県に新幹線で行くぐらいどってことないはず?と

勝手に思っています。

 

初めて

いとこと出会う瞬間のフトシを

しっかりこの目に焼き付けたいと思います。

 

またレポートしまーす!

f:id:yokotedaichi:20170715192309j:plain

 

end

 

 

我が家の悩みを解決してください!HELP!!!

満員電車の中で

たまたま前の男性のスマホが視界に入ってしまい

的場浩司

と検索していました。

 

的場浩司スマホで入力したことないな。

 

 

こんにちは。

f:id:yokotedaichi:20170708215209j:plain

 

 

今週は

私の仕事の都合と

またしても風邪をこじらせてしまったせいで

 

フトシと妻にはほとんど会えず。

 

明日のイベントが終わったら

素敵な週末でも過ごしたいものです。

 

 

 

さて本日は

 

あまりにも私が家にいないので

妻が色々と困っておりまして、、、、、、、。

 

 

フトシに関する事で

どうすれば良いのだろうと思っている事を

この場で発表したいと思います。

 

このブログを見て

何かアドバイスをできるよ

って方は、是非お願いします。

 

助けてー助けてー助けてー

 

HELP―HELP―HELP―

f:id:yokotedaichi:20170708215519j:plain

 

 

 

 

■便秘

いきなり直球です。

 

フトシが完全に悩まされていますね。

 

NICUにいる時や退院して間もない時には

お尻に綿棒をそーっと入れて

「の」の字を描くようにグリグリして刺激をしていたのですが

腸も発達してきて、離乳食もはじまってきて

そんな事もできなくなりまして。

 

しっかりしたものを出すわけですが

どうしても詰まってしまう。

 

出す時は、本当に苦しそうで

注射をうった時のように

ギャンギャン泣きます。

 

これはどうにかしてあげたい。

 

病院の先生にも

4日くらい出なかったら

病院に連れておいでと言われているのですが

 

便秘にいい食べ物とか

マッサージとかないですかね??

 

■夜泣き

こちら、私は苦しんでいおりません。

なぜなら起きることができないからです。

申し訳ない気持ちを持ちながらも

起きる事はできません。

(バッシングを受ける覚悟はできております・・・)

 

私の事は置いておいて

とにかく起きる

今修正で8ヶ月なので

夜泣きの時期といえば時期らしいのですが

1時間に1回ほど起きます。

 

何かいい方法はないですか??

私が起きれば辛さは半分になるとわかっています。

 

それでも、

どうか、教えてほしいっす。

 

 

■寝る時のパジャマ

パジャマってのが我が家には存在していないも同然です。

もう、ぐちゃぐちゃですね。

 

あと、次の問にも絡んで来るんですが

夏場はどんな格好して寝させればよいのか?

 

今は2枚(メッシュ肌着と上着)ですが

 

あつそうなんですよね。

どうすればよいですか?

 

■寝る時の空調

これ本当に悩みます。

どうやって調整すればいいのか

タイマー?

多少は汗をかかせた方がいい?

 

大人でも

クーラーつけすぎはダメですが

 

いったいどうすれば

フトシは快適なんでしょう?

 

何か指標があればいいのですが・・・。

 

 

■旦那が家に帰って来ない時の対処法

こちら、自分で言うのもなんですが

 

何かないですかね?

 

もちろん私も早く帰ってくるように努めますが

 

暇つぶしであったり

考え方や捉え方であったり

 

先輩方教えてください。

 

切実です。

 

 

 

 

 

そういえば、

1年前にフトシが産まれた時の悩みとは

全然程度が変わってきていますね。

 

だって、1年前は生死の悩みだったもんなー

 

成長したってことだなー

 

 

 

 

にしても

悩んでます。

 

どうか、皆様教えてください!

「ググれカス」はやめてねw

 

 

それでは本日はこのへんで。

f:id:yokotedaichi:20170708215346j:plain

【妻とフトシは写真撮影会に行ったそうです。これ、バレーをやっていた妻からすれば、奇跡の1枚だそうです!足ピーン!】

 

end

父として1歳を迎えた今の気持ちと大切にしていきたいこと!

※本日のブログは少々長いです。ご注意ください!

 バースデーダンス動画あります!w

 

最近行きはじめたボクササイズジムは

学生時代のあの頃を思い出せる場所です。

つまり、とってもキツイということ。

 

すでに2キロ体重が落ちました。

 

学生時代に太らなかった理由がわかります。

 

 

こんにちは。

 

先日のブログ

「女として、母として」

はご覧いただけましたでしょうか。

大変な反響で、嬉しい限りでございます。

妻もいろいろな方から励ましのお言葉をもらい

一層、育児にやる気を出しています。

 

 

私はというと

6月に入って

ずっとソワソワしておりました。

 

普段は過去の事を振り返ったりする事はほとんどないのですが

6月はフトシの誕生日を迎えるにあたり

1年前の事を思い出し、写真やムービーを見て感傷に浸ったりしていました。

 

 

ずっとです。6月入ってずっと・・・

 

 

そんなこともありつつ

無事に6月28日を迎える事ができたわけですが、

 

昨年の今頃とはまるで違う感情が

今、私の中に沸いています。

 

 

664gでフトシが生まれた

2016年6月28日

 

私は、行き場のない不安を抱えながらも

妻の前で笑っていました。

 

まるで、この時のために

笑うことを学んできたかのように

妻の不安をかき消すために笑っていました。

 

 

しかし内心は、

どうしようもない現実を突きつけられたような絶望感と

新たな命の誕生に

前向きに向き合っていかなければならないと思う気持ちが

交互に押し寄せて、

私の中をグルグルグルグルしていました。

 

大切な妻を

大切な娘を

どうやって支えることができるのか

 

私が取るべき姿勢とは何か

 

超速で押し寄せる

今まで想像もしていなかった現実と向き合いながら

 

グルグルグルグル考えていました。

 

そこで、考えた中で行き着いた答えが

 

とにかく前向きに笑顔を絶やさない事でした。

 

 

 

 

そうすることで、フトシの容体が少しでも良くなることを信じて。

 

 

 

 

そして、

 

それを1年間実践してきた自負が

今の私の

そして

おとちち家の自信となっています。

 

グルグルした不安な気持ちは

1年前に置いてきたかのように

ポジティブな気持ちで満ちています。

 

フトシの誕生が

これまで以上に自分を成長させてくれました。

 

フトシの誕生が

夫婦の絆を深めてくれました。

 

 

 

 

1歳を迎えたフトシは

 

体重や身長こそ徐々に正常値に近づいているものの

 

まだ、

ハイハイもままならないし

歯もはえていません。

 

普通の1歳の子どもとすると

できないことも多いですし

未熟性もあります。

 

妻が連れていく先々では

毎回普通の子どもの成長と比べて驚かれます。

 

しかし、

そんなことは気にしてもしょうがないですし

フトシはフトシのペースで生きていけば良いと

私たちは本気で思っています。

 

そしてなにより

664gから命の危機を何度も乗り越えてきたフトシが

今こうして元気にキャッキャと遊んでいる姿を見れば

私たちの何倍も頑張ったフトシを見れば

悲観している場合ではないと強く思わせてくれます。

 

ありがとうフトシ!

 

 

 

 

さてフトシの誕生日を迎えるにあたり

おとちち家では3つの事をやりました!

 

妻によるブログ執筆

 制作期間15日ほど

(育児の合間をぬった、文章があまり得意ではないなどの理由でw)

 

・写真撮影

お食い初め、お宮参り、ひなまつりなど健康上の不安があったため一切やっておりませんで、しっかりした写真がなかったので、カメラマン帯同型の写真撮影を頼みました。日常の風景を撮ってもらえてとってもいい感じです!

f:id:yokotedaichi:20170701135406j:plain

 

f:id:yokotedaichi:20170701135437j:plain

 

f:id:yokotedaichi:20170701135453j:plain

 

f:id:yokotedaichi:20170701135511j:plain

 

 

・バースデーダンス

例によって、また踊らせていただきました。今回の通し練習回数は4回と非常にひどいものですが、できる範囲で表現しました!曲は全く誕生日を表現しておりませんので、あしからず。それではご覧ください!!

 

 

 

 最後に

妻のこの1年の不安や頑張りは

私の比ではありません。

その中で、前向きに行動的にフトシを育ててくれました。

そんなあなたを心から信頼しています。

ありがとう。

 

 

生まれてきてくれたフトシ

懸命に生き続けているフトシ

私はあなたを誇りに思います。

 

 

2016年6月28日

体重:664g

身長:32㎝

オムツサイズ:4S

毛:少々

 

2017年6月28日

体重:7000g

身長:67㎝

オムツサイズ:M

毛:直毛で毛量多め

 

 

それではまた来週

 

end

 

 

 

 

 

 

【号外】女として、母として

いつも『おとちちブログ』を読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

初めまして、こんばんは。おとちちの妻です。

 

本日は、娘の1歳の誕生日を記念し「1年前の振り返り」と称して、

特別に私がブログを書くことになりました。

 

この特別な日に、夫がどんなブログを書こうかと悩んだ挙句、

「書きなよ!」と私に白羽の矢が飛んできました。

 

いつも夫には突拍子も無いことを言われて困ることも多いのですが、

今回はせっかくの機会ですので、筆を取らせていただきます。

つたない文章ですが、お付き合いください。

f:id:yokotedaichi:20170628185628j:plain

  

 

 

昨年の今日、2016年6月28日、

私は妊娠わずか7ヶ月、25週で、664gの小さな小さな娘を産みました。

ブログでは「フトシ」と呼ばれていますが、

「フトシ」は胎児ネームで、実際は女の子です。

 

結婚3年目にしてようやく授かった命。

妊娠がわかった時、私はとても嬉しくて、

何があってもこの子を守ろうと決意しました。

f:id:yokotedaichi:20170626225008j:plain

 【結婚2周年記念日に妊娠がわかる】

 

幸いつわりがほとんどなかったため、

妊娠前とさほど変わることなく仕事や家事をすることができていました。

妊婦検診を受けていた病院では、毎回経過は順調と言われており

予定日は10月7日。

7月まで働いて8月から産休に入る予定でした。

 

 

毎晩、寝る前に仰向けになってお腹に手を当てて、

フトシがお腹を蹴るのを確認するのが日課でした。

夫も毎日帰ってきては、フトシの様子を確かめてくれ、

夫婦共々フトシが生まれてくることを心待ちにしていました。

 

 

しかし、6月26日、状況が一変します。

フトシがお腹を蹴ってくれないのです。

それまでも、1日位は蹴られない事がありましたが、

翌日27日も蹴られません・・・。

 

しかも、仰向けになった時のお腹の張り具合が

なんとなくいつもと違いました。

いつもは、お腹がパンパンで仰向けの姿勢は苦しいのですが、

お腹のお肉が横にダラんと流れる感じがして、嫌な予感がしました。

 

自分自身を安心させるため、翌28日の午前中だけ仕事をお休みして、

近所のクリニックへ行くことにしました。

問題ないと言われたら、午後から会社に行こうと思っており、

夫にも念のため付き添いをお願いしました。

 

 

しかし、そこで待っていたのは私の想像をはるかに超えるものでした。

 

 

クリニックで検査を受けながら先生に

「赤ちゃんの心拍がかなり遅いです。

普通は160ぐらいですが、80まで落ちることがあります。

今から大学病院へ搬送します。救急車を呼びます。」と言われ、

頭が真っ白になりました。

 

救急車が到着するまで、クリニックのベッドに一人で寝ている時、

『心拍かなり遅いかもしれないけど、ちゃんと動いてるんだよね?

止まってはいない。遅いけど動いてる。大丈夫。大丈夫だよね?』

と自問自答していたら、行き場のない感情が溢れ出てきました。

 

 

救急車の中では、夫が隣にいて、ずっと手を握ってくれていたので、

気持ちが少し落ち着いた私は、

『このまま予定日近くまで入院することになるんだろうな。

どうしよう、仕事の引き継ぎとか何もしてない。』と思っていました。

 

 

大学病院に着いてからすぐに、先生が内診とエコーで確認しましたが、

やはりフトシの元気がなく、非常に危険な状態とのこと。

フトシの推定体重はわずか600g。

 

 

そして、先生から衝撃の事実を聞かされます。

 

 

 

「今から赤ちゃんを取り出します。緊急帝王切開です。」

 

 

 

私は、考えるより先に、

不安が涙へと変わり、ただただ泣くことしかできませんでした。

 

 

 

前置胎盤のため出血大量のリスクがあります。輸血をする可能性が高いです。」

「出血が止まらない場合は、最悪子宮を全摘出します。」

「600gで産まれてきますので、障害や後遺症が残る可能性があります。」

 

という先生の説明は、

今、自分の身に起きていることとは、到底思えないものばかりでした。

 

 

その横で、

急遽病院に駆けつけた私の両親は

「なんとかもう少し、お腹の中に居させてあげられないでしょうか?」

と先生に尋ねながら、私やフトシのことを心配し泣いていました。

 

夫は覚悟を決め、色々な同意書にサインをし、

その場にいた誰よりも落ち着いて、私の手を握ってくれました。

 

 

そのほんの数分後、私はストレッチャーに乗せられ手術室に運ばれました。

運ばれている最中も、夫がずっと「大丈夫、大丈夫」と

いつものように励ましてくれましたが、

不安でどんどん溢れでる涙を止めることはできませんでした。

 

 

 

 

手術は全身麻酔だったため、手術中の記憶はありません。

約3時間かけて手術は無事成功し、子宮は温存され、輸血もなかったとのことです。

しかし、フトシの産声を聞くことができないまま、

フトシはNICUに運ばれていきました。

 

夫と私の両親は、産まれたばかりのフトシを見ることができたようで、

麻酔が切れて私が目をさますと写真を見せてくれました。

 

ラップに包まれて、真っ赤で、本当に本当に小さなフトシ。

夫曰く、

小さいけど手足が長くて、髪の毛がフサフサで、

鼻筋が通っていて本当にかわいかったようで、

不安もあるけど早く私も会いたいなと思いました。

 

 

両親が帰宅してから、面会時間を大幅に過ぎるほど

今日のことやこれからのことを、夫とたくさん話をしました。

夫は、私のことを心から誇りに思うと何度も言ってくれ

その時あらためて、この人と結婚して本当に良かったと思いました。

f:id:yokotedaichi:20170626223301j:plain

 

しかし、夫が帰ってからは、部屋で1人きりで寂しくて、

今日いきなり起こった出来事に頭の整理がつかず涙したり、

麻酔がきれて身体中の色々な箇所が痛くなったりして、とても辛かったです。

 

 

翌日、車椅子に乗ってNICUまで連れていってもらい、

ついにフトシに会うことができました。

 

そこには、

私たちが思い描いた大きさではなかったけれど、

確かに私と夫の子ども、

フトシがいました。

f:id:yokotedaichi:20170626223435j:plain

 

かすかに聞こえる泣き声は、私たちに何かを訴えているようで、

強い生命力を感じました。

 

フトシの手のひらに私の指を乗せると、ギュッと握り返してくれて、

本当に小さいけど、懸命に生きようとしているフトシを見て、

私も頑張ろうと心から思いました。

 

 

 

 

 

 

ここまで、昨年の6月28日を中心に振り返ってみました。

1年たった今でも、鮮明に思い出すことができます。

不安で涙したこと、術後の痛み、夫の強さや優しさ、フトシと出会えた喜び、

色々なものが一気に詰め込まれた1日を決して忘れないと思います。

 

 

 

フトシはその後、10月14日に退院するまで108日間、

NICUでお世話になりました。

 

入院中のことは、本当に色々ありすぎて書ききれませんが、

フトシはひとつひとつ頑張って壁を乗り越えてくれました。

 

毎日かかさずお見舞いに行ったこと

3時間毎の搾乳のこと、

夫婦の絆が深まったことなど、

フトシという存在を通してたくさんの経験をした日々でもありました。

f:id:yokotedaichi:20170626223736j:plain

 

また、

退院してからも

些細なことで病院に駆け込んだり

誰を頼って良いのかわからず、新聞や先輩ママ達から情報をかき集めたり、

夫の帰宅が遅くて、フトシと2人でドキドキしながら過ごす時間が増えたり、と

めまぐるしい日々が続きました。

f:id:yokotedaichi:20170626224157j:plain

 

そういった色々なことを乗り越えて

本日フトシは

退院してから一度も風邪をひくことなく、

無事に1歳の誕生日を迎えることができました。

 

f:id:yokotedaichi:20170628190155j:plain

【出生体重と同じ重さのペットボトルを持ち上げるフトシ】

 

この特別な日を迎えることができたのは、

救急車を呼んでくれた近所のクリニックの先生、

フトシを取り出してくれた産婦人科の先生、

フトシの主治医の新生児科の先生、

フトシの目を手術してくれた眼科の先生、

NICUの看護師さん・助産師さん、

早産児の先輩ママ達、

私の両親、

夫の両親、

 

その他、ここでは挙げきれないほど多くの方々の

あたたかい支えがあったからこそだと思います。

 

皆様には、いくら感謝しても感謝しきれません。

本当にありがとうございました。

 

そして、

夫と

何より、今この瞬間を元気に生き続けてくれているフトシに、

心から感謝します。

 

こうして振り返ると、改めて思います。

フトシ、無事に生まれてきてくれてありがとう。

私をママにしてくれてありがとう。

あなたが生まれてこなかったことを想像できません。

あの時は不安で涙が止まらなかったけど、今は嬉しくて涙がでます。

 

これからも家族3人、毎日楽しく笑顔で暮らしていこうね!

 

 

最後になりましたが、ブログを読んでくださっている皆様、

長文にお付き合いくださり、ありがとうございました。

もし、まわりに早産で産まれたお子さんを持つ親御さんがいましたら、

このブログを紹介していただければ幸いです。

これからも早産児の情報を発信して、

少しでも不安を持つ家族の力になれればと思っています。

 

誤字脱字やくだらないことの多いつたないブログですが、

今後とも『おとちちブログ』をどうぞよろしくお願いいたします。

 

引き続き、一緒にフトシの成長を見守っていただけたら、

こんなに嬉しいことはありません。

 

 

 

フトシ1歳おめでとう!!!

f:id:yokotedaichi:20170628185533j:plain

母より 

 

 

end

赤ちゃんとその家族に優しい3つの事

日に焼けること

それは、生きていると感じること

今年もギラギラした夏がやって来そう

 

こんばんは。

 

(土曜日に続けていたブログなのに、、、

とうい悔しさをにじませています)

 

 

 

 

今週はフトシと会う時間が少なくて

ちょっぴり寂しいWeek

f:id:yokotedaichi:20170625021254j:plain

【フリマで貰った、椅子に座るフトシ】

 

 

先週日曜日は

ちょくちょくおとちちブログに登場する

Hさん家族と渋谷でばったり遭遇。

 

Hさん家族は親戚とランチの予定

私達はカステラを買いに来ていたのですが

 

急遽お誘いいただき

飛び込みで一緒にランチをしました。

 

こういったノリが合う所が

仲良くできている秘訣かもしれませんね。

 

ちなみに、

11月には、Hさん夫婦の結婚式に

島根まで行ってきます。

 

しかも出雲大社

あー楽しみ!

 

そんなHさん夫婦に教えてもらって

我が家でも実践している事3つを

本日は紹介したいともいます!。

 

まずは、シャブ!

間違いました、、、

『おしゃぶー』です。

f:id:yokotedaichi:20170624201353j:plain

 

 

www.osyaburi.jp

 

こちらの商品、

既にフトシの大好物になっているのですが

「さつまいも農家が作った赤ちゃんの歯固め」

とうたっております。

 

ギャンギャン泣きはじめたら、おしゃぶー

おもちゃに飽きたら、おしゃぶー

お出かけに、おしゃぶー

 

なんでもおしゃぶーです。

 

舐めすぎて

後半はつるつるスベリ始めるので

最後は

不機嫌になって終わりますw

 

 

続いては

オキュレディオ!

 

こちら、ママの味方です!

www.accuradio.com

 

洋楽のラジオサイトなのですが

TOP100やカントリーソングなど

多様な洋楽を提供してくれます。

 

音が無くて寂しい時にも

テレビの代わりにも

英語を耳にいれる意味でも

使えます!

 

どっかで聞いたことあるな!

という曲が沢山入っていますし、

世の中に流れている9割型の洋楽は

オキュレディオを抑えておけば大丈夫です。


しかも無料!



 

最後に

家に赤ちゃんを呼ぶ時の作法です。

これは、Hさんの家にお呼ばれした時のこと、

 

前日にHさんから

「ベビーカー置くスペースもありますし、授乳室も備えております。ベビーチェアは訳あって2台あります笑」

という情報が届きました。

 

子どもがいると

事前にどんな環境かを知っておくのは

とても重要で、

それ次第で準備していくものが変わります。

 

特に、ベビーカーを使えるのか

どんな環境で子どもを座らせる事ができるか

といった情報は、荷物に大きな影響を与えます。

 

その為、

早速、子どもも一緒に

我が家に遊びに来るときは

私達もどんな状況かを伝えるようにしています。

 

おススメです!

 

 

そして、

6月28日(水)

フトシは遂に1歳を迎えます。

その日には

特別な事をしようと思います。

それは次回のブログで!

それでは!

 

 

end

1日1回爆笑育児法!

最近読んでいる本は

サピエンス全史」です。

人間が小さく何もできない状態で生まれてくるのは、

直立二足歩行が原因らしい。

 

こんにちは。

 

今週木曜日に

東京都知事小池百合子さんが

妻の地元に来たため

たまたま帰省していた妻とフトシは

見に行ったとのこと。

 

ミーハーな妻は

小池都知事と目が合ったことを

喜んでいました。

 

 

 

あっ、

 

上野動物園ジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれましたね!

 

今までだったらこんなニュース気にも留めなかったのですが

ジャイアントパンダの赤ちゃんの出生体重が140g程度と聞いて

フトシと通じるところがあると思いました。

 

140g程度で生まれるのがジャイアントパンダの通常らしいですが

よくあんなに大きく育つなと思います。

 

小さく生まれて来た我が子を

大事そうに守っているパンダを見て

あだ名が「パンダ」だった私としては

勝手に親近感が湧いております。

 

パンダと呼ばれていたことが

ここに来て、こんな形でリンクするとは

考えもしませんでしたが・・・w

f:id:yokotedaichi:20170617154632j:plain

 

 

 

 

今週から

フトシが寝る前に

読み聞かせを始めることにしました。

 

まだなんのこっちゃ分かっていない様子ですが

抑揚をつけて

声色を調整しながら

 

絵本を読んであげると

 

きゃっきゃします。

 

0歳児だからこの本とか

年齢に応じたみたいな考え方もありますが

 

私の場合はそんなことを考えるのが面倒なので

キングコング西野さんの

えんとつ町のプペル

を中心に読み聞かせています。

 

この「えんとつ町のプペル」は相当感動するので

おすすめです!

 

 

おすすめで言えば

ママがおばけになっちゃった!」も泣けますね。

 

 

あと

今週会社の後輩に聞いた

育児法がとっても良いなと思ったので

紹介します。

 

それは

「1日1回爆笑育児法」

 

です。

その名の通り、

親が子どもを1日1回爆笑させることなのですが

 

これを受けて育った後輩は

とにかく明るくて前向きで人付き合いが上手い!

しかも、後輩の兄弟含め反抗期はほぼなかったとのこと。

 

「なんでそんなに明るいの?」と聞いたら

「うちの母が、私を1日1回笑わせることを続けてくれたから」

だと。

 

相当説得力があるなと思いました。

 

笑わせ方はなんでもいいみたいで

後輩の記憶では、膝のかっけで爆笑していたとのこと。

 

早速フトシにも試してみたところ

しょうもない事で簡単に笑ってくれました。w

f:id:yokotedaichi:20170617154954j:plain

 

 

妻の家庭も

妻の父が事あるごとに妻を笑かしたり

毎日家でダンスをしたりしていたようです。

反抗期もほぼなかったとのこと。

 

笑顔の魔法は

本物ですね!

 

絶対!

 

end

 

 

娘の成長の良好さにお医者さんもビックリ!

盛岡に住む

友人から冷麺が届きました。

昔その友人がくれた冷麺を巡り

別の友人とひどい喧嘩をしました。

そのくらい冷麺が好きです!

 

こんにちは。

 

今週は月曜日から

バットコンディションで

会社を早退後、高熱が出て

火曜日もお休みをいただきました。

 

過労からくる熱発でした。

 

妻やフトシにも

急遽、実家に帰ってもらう始末。

 

妻が熱を出した時はどうするのかと

考えずにはいられませんでした。

 

さて、どうするんだろ?w

 

f:id:yokotedaichi:20170610112101j:plain

 【人生初マンゴーを目の前に興奮を隠せないフトシ】

 

 

 

フトシは水曜日に

3ヶ月に1度の定期検診がありました。

 

体重:6910g(出生時664g)

身長:65.5㎝(出生時32cm)

頭の大きさ

成長のスピード

大変良好とのこと。

 

修正の10月生まれ換算ではなく

6月生まれ換算の

通常の成長曲線にも乗りました。

 

成長曲線とは?

 

 

これには

私たち夫婦も

担当の先生(私と同郷)も

ビックリ。

 

まあ

離乳食が1日2回になり

トマトを除いては

毎日バクバク食べますし

f:id:yokotedaichi:20170610111608j:plain

【トマトを食べた時のフトシ】

 

その予兆はあったと言えばあったのかな。

 

また、毛量がとっても多いらしいです。

特に髪の毛。

 

確かに周りを見渡しても

こんなに生えている子は珍しい。

 

圧倒的な毛量と

父親譲りの直毛を駆使して

フトシはこれからの人生を謳歌していくことでしょう。

(5月下旬に一度前髪カットをしていますw)

 

ちなみに、

身長体重をはかり終わった後に

フトシの緊張の糸が切れて

私の服がびちょびちょになったことは

良い思い出ということで。

f:id:yokotedaichi:20170610111923j:plain

 

 

 

本日は

妻が和菓子教室に行っている間

都会をフトシと2人で

うろうろしようと思います。

ベビマ(授乳室検索アプリ)を駆使して頑張ろう!

f:id:yokotedaichi:20170610111940j:plain

 

 

 

さて、今月末にはいよいよ

フトシが1歳を迎えます。

 

何をしようかなと

1ヶ月ほど夫婦でダラダラと考えた結果

 

やはり

踊ろう!

 

ということになりましたので

また、動画ができましたら

ご報告させていただきます。

 

日常生活で

「じゃ、踊ろっか!」

というワードを使ったことがある人

そんなにいないと思いますので

ある意味で貴重な人種であることは自覚していますw

 

こちらの曲に決めました!

 

名曲ですね!

プレスリーですね!

どんだけ古いチョイスよ!

 

それでは。

 

end