男として、父として〜664g超低出生体重児、NICUとその後〜

父親になるとはどうゆうことなのか、体験と共に綴ります。664gで生まれた超低出生体重児のNICUでの記録とその後を父親目線でお伝えします!

父、緊急手術!

宮崎からこんばんは。

 

本日は、

急遽、実家の宮崎に帰省しております。

 

フトシと妻は置いて

1人で帰省しております。

 

 

その理由は、

さかのぼる事

水曜日。

 

夜の10時頃

帰宅の途についている時のことです。

 

実家の母と

弟から

着信。

 

すぐにLINEを確認すると

「父が緊急手術をうけています」

と。

 

一気に鼓動が早くなるのがわかります。

 

状況を飲み込めないままに

母に電話をすると

 

「背中が痛く、自宅安静にしていたが限界が来て病院へ連絡したが、救急車で隣町の病院に運ばれた」

「急性心筋梗塞である」

「しかし、意識がしっかりしていて、カテーテル手術である」

と説明を受け、一度電話をきります。

 

 

意識がはっきりしていると聞いて

ホッとしましたが

心筋梗塞と聞いて

すぐにネットで検索

 

最悪な事が脳裏をよぎります。

 

 

その2時間後に

再び電話があり

 

手術も終わり

心臓の血管の詰まりを解消した

と。

 

よくよく聞いてみると

3本の血管で詰まりが見つかり

今日は大きい所を治療して

 

その他2本は

今後治療していくとの事でした。

 

ということで

急遽飛行機を取り

父の様子を見に

帰省したというわけです。

 

 

 

フトシの事があったせいか

あまり動じなくなっている

自分に驚きつつも

 

一歩間違えば・・・

と肝を冷やしています。

 

 

幸い

父はよく喋るよく喋る

(なんかこんな事前にもあったな・・・w)

 

そのため

本当に特に問題なさそうではありますが

 

来る次の血管の手術に向けて

2週間程入院するとの事。

 

 

メモ紙に

必要なものリストを作り

大きめの腹を自慢するように

長座で座っている父は

 

心臓が止まってしまうかもしれなかった

ようには全く思え無いほどに

元気でしたが

 

これまでの

不健康な生活

を改めてくれそうな顔をしていました。

気のせいでは無い気がします。

 

健康診断をしっかり受ける

激しめの間食をしない

タバコを吸わない(3ヶ月前からやめてたとの事w)

 

これについては

意識を改めてくれる事でしょう。

 

 

私自身が父に感じた心配を

フトシにさせるわけにはいかないなーと

改めて

健康には気をつけようと思いました。

 

はじめての入院を楽しんでいるようにも見える父も

病気の一つや二つするわなー

と思いながら。

 

 

それでは

また次回!

 

 

end

「そうた」という家族

イチロー

毎日カレーを食べていたらしい。

 

こんばんは。

 

今日は家族について書きたいと思います。

 

その家族の名前は、

「そうた」

 

当時、

高校生離れした活躍で

世間を賑わせていた

元サッカー選手の平山相太選手

にちなんで

 

私の母がつけた名前です。

 

タレ目で

憎めない顔が特徴の男の子のダックスフンド

 

15年前

我が家(私の実家)に突然やって来ました。

 

私の同級生の家で産まれて

貰い手を探していた所を

母が譲り受けてきて

その日から、彼との生活がはじまりました。

 

 

それまで、我が家では

猫を5匹(!)、かっていたので

動物がいる環境には馴れていたし

 

ご飯を食べさせる、便の処理をするなど

実はめんどくさい作業も、

そこそこ熟知した上での

スタートだった為、

 

すんなり馴染めた記憶があります。

 

ただ、犬は猫と違って

かまってちゃんであることを除けば・・・

 

 

誰か、家に帰って来るなり

「キャンキャンキャンキャン」

 

家族で食卓を囲めば、よだれを垂らしながら

「キャンキャンキャンキャン」

 

ドアを開けたら

「さささささー」と脱走

 

私の母は

「こら、そうた」と

何回言っていたことでしょう。

 

 

我が家では、そうたに対して

特にしつけという事をしなかったので

 

「お手」や「おすわり」は

もちろんできませんでしたし

 

自由に、気ままに

はつらつと過ごしていました。

 

 

私は、15歳で家を出た為

濃密にそうたと過ごしたのは

約半年程ですが

 

家に電話をかけると

おそらく家族で一番

そうたに優しかった(甘かった)私の

声に反応して

「キャンキャンキャンキャン」

 

たまに実家に帰ると

飛びついて来て

得意のベロベロ攻撃をかましてきました。

 

 

私の兄と弟が家を出てからも

実家には、そうたがいるので

 

騒がしさは、あの頃のまま。

 

母も父も

誰かを育てている感覚と

癒やしをもらっていたことでしょう。

 

 

そんな、

そうたが先日亡くなりました。

 

母から

悲報を受けた時には

 

家族を亡くした悲しみに

胸の奥が締め付けられました。

 

 

ほとんど苦しまず

誰にも迷惑をかけずに去っていた

 

そうたは

 

ほぼ室内犬(時々脱走)として生きた

約15年(人間でいうと80歳程度)の生涯に幕を閉じました。

 

 

最後の方は

毛も少しずつ抜けて来て

全盛期の

「キャンキャンキャンキャン」も聞けなくなっていましたが

 

フトシと実家に帰省した際には

フトシを襲ってw、

されるがままのフトシとそうたの共演に

家族で笑ったのも懐かしく思います。

f:id:yokotedaichi:20190324222954j:plain

 

 

 

生き物をかう事で

得られる事は本当にたくさんあると思います。

 

日々

かわいい側面だけでなく

面倒な事に向き合わなければならない事実

 

しつけを通した

自分自身の自立

 

死との向き合い方

 

 

教育的な部分はもちろんですが

 

何より

優しくなれると思います。

家族に

そして周りに。

 

 

そうたがいた事が

間違いなく我が家を作っていたし

 

私の心を育んだと思います。

 

 

 

先程、実家にテレビ電話をした際

フトシが

「犬は?」と私の母に投げかけていたのを聞いて

 

もう、

すぐに忘れてしまうかもしれませんが

 

フトシの中にも

確かにあの犬、そうたが刻まれていました。

 

 

 

 

そうたは、

我が家で生涯を全うできて楽しかったのかな?

 

15年という月日の中で

何を感じていたのかな?

 

なんて事を思います。

 

 

 

 

そうた、ありがとう。

 

あなたのお陰で

我が家が明るくなりましたよ。

 

ゆっくりやすんでください。

 

 

end

安心がもたらす、子どもの成長

ハンバーガーは

チーズが一番!

 

こんにちは。

 

3月も気がつけば

折り返していますね!

 

先週に引き続き

怒涛の仕事をこなしていますが

 

朝はフトシを抱っこして

家の中を探検して

 

つかの間のコミュニケーションを

楽しんでいます。

f:id:yokotedaichi:20190316154618j:plain

 

 

フトシは

中々に便秘でして

 

先週土曜日の

便秘外来で

 

出を促進できるように

 

「2日に1回の浣腸を2週間続けてください」

 

と言われ

今週から浣腸DAYがはじまってます。

 

はじめこそ泣いて

体をこわばらせていましたが

 

できるだけ

安心感を与える事によって

 

泣かずに

頑張れるようになりました。

 

本当に

フトシにとって

非常に大変な事ですが

良く耐えています。

 

 

その安心感はどのように演出しているのかというと

 

「パパとママと一緒にやるよ~」

とか

「すぐ終わるよ~」

とか

言いながら

ニコニコしながらやります。

 

どうしても

こちら(親)の顔がこわばってしまうと

子供にも伝染してしまうし、

 

1人だけにされると

不安を煽ってしまいます。

 

そんな時、

「一緒だよ」

はキーワードだなと思いました。

 

もちろん

耐え難いほどに痛い事や

注射のように苦手意識が植え付けられやすいものもあります。

 

なので

心理的ハードルをどれだけ下げてあげれるかは

周囲の大人の努めかもしれないと思ってきました!

 

痛がって、泣きわめいて

得する人はだれもいないけど

 

頑張って乗り越えさせて

ニコニコできるなら

それは皆ハッピーです。

 

 

以前

知り合いママさんから聞いた

ある歯医者さんの話があります。

 

歯医者と言えば

子ども恐怖クラブの上位に君臨し続ける

圧倒的なる子どもの敵!

 

「ウイーン」

「キッーーーー」

「ゴトゴトゴト」

「痛かったら、左手上げてね」

 

この音や言葉がどれだけ子ども(大人をも)苦しめることか・・・

 

しかし、これも

その歯医者さんは安心感でカバーしてると言います。

 

あのグルグルしながら口の中に入ってくる器具を

危なくないように、

子どもの手に当てて

「くすぐったいでしょ?」と。

 

すると、子どもは

口の中に入ってくる

いつもの凶器から

面白い安心な器具へと

脳内シフトができます。

 

そこで

「だから安心だよ、やってみようか!」

 

と言葉を添えると

自然に子どもが口を開けるそうです。

 

初めて聞いた時

これはすごい!

と思いました!

 

その歯医者さんへ行きたいです。

私自身もw

 

 

安心は

やがて自信に変わり

自信を持って経験したことが

子どもを少しずつ大きくします。

 

そんな事を

便秘の我が子に接しながら

思いましたとさ。w

 

 

それではまた次回!

 

 

2歳児がいる、引っ越し!

気がついたら

口内炎ってできてますよね!

 

こんばんは。

 

今週は

連日終電地獄で

この土日もお仕事をしておりました。

 

実はそんな中

 

我が家は

先週引っ越しをしました!

 

朝の保育園送り迎えの負担を

少しでも解消するために

保育園に近づくように

物件を決めました。

 

結果的に

踏切の反対側に(線路近く・・・)

引っ越したのですが

 

だいぶ

保育園への送り迎えは楽になりました!

 

距離にして半分になった事

踏切を待たずに済む事

雨の日でも近いので歩いて行けるようになった事

(さっそく先週は2回も雨だったので痛感しました)

 

これはいい引っ越しだったと言えると思います。

 

目的は達成されたのだから。

 

しかし、契約が2年で

2年経過したら

確実に出ていかなければならないルールがあります。

 

2年後に

また大きな環境の変化を起こすために

あえて、この契約を飲んだのですが

 

いざ引っ越しを終えると

圧倒的物量の前に

屈したので

 

めんどくさくなってきました。w

 

 

そして、2歳児がいる引っ越しを体験したわけですが

 

フトシの元気さから考えて

 

引っ越し当日は絶対に

一緒に立ち会う事ができないと判断し

 

じじ・ばばの元へあずけました。

 

実際週末2日共

あずかってもらえたので

 

だいぶはかどりました。

 

引っ越しの際は

一時保育などの利用や

私達のようにじじ・ばばにあずけるが

絶対良いと思います。

 

そして、肝心のフトシですが

1ヶ月前から

事ある毎に

「新しいお家にいくよ~」

と煽っていたおかげで

スッと馴染んでくれました。

f:id:yokotedaichi:20190310223058j:plain

 

しかし、初めて

新しい家についた時の

フトシの感想は

 

今でも

思い出すと笑ってしまいます。

 

前の家の家具や

自分の絵本などが

1日にして

すべて新しい家に移っていた事を受けて

 

座った状態で、前かがみになり

顔を地面につけて、頭を抱えながら

「もう、わかんなくなっちゃった~」

と、フトシ。

 

本当に最強レベルで

可愛かったですね、あれは。

 

リアクションの質が高すぎた。

どこで覚えたんだというリアクション。

 

相当、わけがわからなかったんでしょうね~w

 

 

まあ、それ以降は

探検という名目で

新しい家のしくみや場所を丁寧に説明し

今では何事もなかったかのように順応しています。

 

引っ越しをすると

色々なものを捨てることができるし

景色も変わるし

 

子どもの成長も確認できるし

更に環境の変化で成長もするし

 

いい感じですね~

 

ちなみに、この引越しを機に

テレビを思い切って捨てております。

 

テレビの有る無しの

フトシの様子も今後レポートしていきますw

 

それではまた次回!

f:id:yokotedaichi:20190310223007j:plain

 

 

 

end

「268グラムの赤ちゃん元気に退院」 で思うこと。

桜餅の葉っぱは

一緒に食べますか?

 

こんにちは

f:id:yokotedaichi:20190303113932j:plain



 

先日、大きなニュースがありましたね。

 

『268グラムの赤ちゃん元気に退院 3238グラムに成長、自力で母乳も』

www.daily.co.jp

 

つい反応しちゃいいますよね。

 

これは、

とにかく、すごいです。

 

268gというのが

フトシ(664g)と比べても小さいこともさる事ながら

大きな合併症も無く、世界初の快挙ということです。

 

この子に関わった

すべての人に賛辞を送ると共に

 

この子と親御様に

よく頑張りました、おめでとうございます

とお伝えしたいですね。

 

 

記事にも書いてますが

『小さく産まれてきても

助かる可能性が高いのだと世の中の人知ってほしい』

 

これは、本当にそう思います。

 

 

私も小規模ながら、

世界早産児Dayイベントをやったり

本ブログを書いたりして

『しっかり生きている』

 

ということを伝えています。

 

 

何もそうゆう境遇の人をどうにかしてほしいとか

どう思ってほしいとかではなく

 

とにかく、知ってもらうことが大事だと。

 

 

その理由は

自分がそうであったように

なんの準備も無いまま

いきなり、

超低出生体重児(超未熟児)のお父さんになりました。

 

その時の不安は過去のブログでも書いているように

とにかくどうしようも無いものでした。

 

当時、

助かる可能性がしっかりある事

後遺症や合併症の事などを

少しでも知っていれば

また心持ちは違っただろうなとも思います。

 

つまり、この状況になった際

どのように立ち向かうべきなのかを

少しでも良いから考えるきっかけにしてほしい

と思うのです。

 

 

 

今回、

この子や親御さん、医療スタッフの頑張りにより

その事が世の中に大きく発信されました。

 

現在、妊娠中の方、これからお子様をお考えの方、子供と接点の有る方

すべての尊い命と向き合う方が、

これを機に考えるキッカケになるといいな~と

思いました。

 

 

もちろん

グレーゾーンがあることも事実です。

 

一命をとりとめても

障害のリスクや

周囲と同じようにいかない事

がついて回る可能性もあります。

 

しかし

それはどんな産まれ方をしても一緒だと

私は思っています。

 

 

それは実体験からくるのですが

 

よく

「**%の確率で●●●になる」

などという確率論があります。

 

この子やフトシのように

超低出生体重児(1,000g未満)で産まれてくる子の確率は

一説によると0.03%と言われています。

 

フトシはその0.03%の1人になったのです

「90%安心」とか「ほぼ大丈夫」と言われても

 

「残り10%もありえるな」

「ほぼに入らない方になる可能性もあるな」

 

と思うのです。

 

 

これは決して悲観的な意見ではなくて

誰にでもそうなる可能性はあるし

そうなってしまったら確率とかどうだって良いことになる

ということです。

 

 

だから、

グレーゾーンと向き合わなければならないではなく

 

誰にでもその可能性があるのだから

その可能性を一つ一つ乗り越えていけばいい

と考えています。

 

 

 

今回のニュースを通して

個人的な思いの丈が

ぶわーと出てしまいましたが

 

 

 

この子の命が助かったこと

フトシと同じように

この世界で暴れまわってくれるであろうことを

超低出生体重児の先輩として心からうれしく思います。

 

 

おめでとうございます!

 

f:id:yokotedaichi:20190303114009j:plain
【眉の濃さが一層、おとちちに似てきたフトシ】

 

end

おいっきり泣きました!

いっその事

肉を主食にしようかなと考える今日このごろ。

 

こんにちは。

 

今週も帰ってきて

フトシが起きている事はなく

朝のテンション4くらいの

フトシと上手く向き合いました。

 

さて、本日は

朝から

フトシの保育園で

発表会がありました。

 

ばぁばも合流して

出番10分弱の

晴れ舞台を拝みにいったわけですが

 

結果、

 

大号泣でした。

 

 

もう、それはそれは

大号泣でした。

 

パパ友にも

「とても泣いてましたね」

と言われる程、大号泣でした。

 

 

先に言わせてもらうと

今朝の私のテンションは2でした。

 

特に大きな感情の変化も無いだろうし

微笑ましいフトシの様子を見ることができればいいな~

 

くらいのテンション。

 

しかし

帰宅した今

「いや、一番良かったね!他を寄せつけない圧巻の舞だった」

と、テンション10で声高らかに振り返っております。w

 

 

まず、演出にやられました。

いきなり、1年間のスライドショー。

 

これを見て

感情が付き動かない人がいますかと。

 

1年間の成長もさる事ながら

 

夏の部分だけ、

フトシの写真が無い。

(3ヶ月間休園していたため)

 

そんな事もあったなーと思っていると

 

家族のことも

フトシのことも

自分自身のことも

 

一瞬にして

フラッシュバックして

 

今にも、溢れそうな涙が

頬をつたいそうになりました。

 

 

そこからです、

 

 

緑のクレヨンに扮した

フトシがブロッコリーを持って

現れました。

f:id:yokotedaichi:20190223153458j:plain


 

家でも

「どんな色が好きやるの!私はみどりー♪」

と言っていましたので

しっかりできるかなと

少し心配して見守っていました。

 

するとどうでしょう、

 

自らの意思で

定位置につき

 

フリも

歌も完璧にこなす我が子。

f:id:yokotedaichi:20190223153532j:plain

 

 

周囲のお友達が

緊張や不安にさいなまれる中

 

覚えた事を臆することなく

懸命に表現する我が子。

f:id:yokotedaichi:20190223153558j:plain

f:id:yokotedaichi:20190223153646j:plain

 


 

これは

もう限界です。

 

その姿は、涙でよく見えず

回していたカメラもブレブレ。

 

 

「おむつ嫌だ!」

「自転車乗らない!」

 

まだまだ、わがまま放題の泣き虫フトシは、

私の知らない間に

とても大きくなってました。

 

 

他の子より

落ち着きが無いかもと思ったり

 

小さく産まれてきたことを

気にしないと思いつつも

どうしても気になっていたり

 

集団の中におけるフトシを

無意識に周囲と比べていた事もありました。

 

小さく産まれて

いつ周りの子に追いつくのだろう

と内心では思っていた

そんな2年半だった気がします。

 

 

そして本日フトシは

誰よりも立派に

誰よりも自分らしくパワフルに

自分自身を表現してくれたのです。

 

 

これがこの子の良さなんだな、

これを潰したらいけない

と強く思いました。

 

 

演目が終わってからも

涙は止まるわけもなく

 

ブログを書いている今も

うるうるしています。

 

 

フトシ、あなたは、私の誇りです。

 

今日はよく頑張りました。

 

泣き虫

わがまま

やんちゃな

 

あなたを

育てることができて

本当に幸せです。

 

これからも

のびのび生きてください!

 

そして、

明日から沖縄です!

 

いっぱい遊びましょう!

f:id:yokotedaichi:20190223153401j:plain

【泣きすぎて、ぎこちない笑顔のおとちちとフトシと妻】

 

end

ここが違うよ!朝と夜!

今年の東京は、

雪は積もらないって事でいいですか?

 

こんにちは。

 

髪の毛を切りに行き

「痩せましたね」って言われる。

 

会社で

「ゴツくなったね」って言われる。

 

自分でも

パツパツのシャツいつまで着るの?って思う。

 

肉体改造に成功しています。

 

プロテインは日常となり

 

肉を多めに

ご飯は少なく

 

そろそろ

なぜパパは筋トレをするといいのか?

っていうブログでもはじめようかな。w

 

そんな事をしているもんだから(嘘)

帰りが遅くなり

フトシとは朝だけ会う生活が続いています。

 

 

 

そこで、気が付きました。

 

 

 

昨日、たまたま

フトシが寝る前に帰り着いたのですが

フトシがしゃべる・歌う・踊る

 

こんなフトシ見たこと無いというくらい。

 

妻からは、

「今日**したよ!」

「歌が歌えるよ-!」

とは聞いていたのですが

ここまでとは・・・。

 

面白すぎて

タニタしてしまったわけですが

 

でも、朝はこんな事ないよなと。

 

確かに保育園まで送っていっているので

朝、小一時間は一緒に過ごしています。

 

しかし、

あんなに

しゃべり・歌い・踊るフトシを見たことがない。

 

そこで、色々考えたんですが

「朝と夜で見せる顔違うな」と。

 

まるで、副業をするOLの如く。

 

その原因としては、

とっても簡単で、大人も一緒ですが

朝エンジンがかかっていないって事ですよね。

 

保育園行って、色々な刺激を受けて帰ってきた時と

寝起きとでは全然違うのは

普通に考えればわかるのですが

 

私は、昨日寝る前のフトシを見るまで気が付きませんでした。

 

まあ、

あのテンションのフトシに付き合い続けている妻に関しては

「おつかれさん」と思いつつも

あんなに自己表現をするフトシを見ることができるのも、面白いなと思いました。

 

 

世の中の

大半のパパ達は

この事実に気がついているのかな?

 

いわゆる

寝顔しか見れないパパは

テンション高めの

夕方から夜の子どもたちを知っているんですかね。

 

最高に可愛いあの瞬間を。

 

たまには

早く帰らなきゃと思いましたね。

 

 

フトシよ

 

朝起きたら

ママにしか、おはようと言ってくれない事に

ちょっとショックを受けていたけれど

 

昨日帰った時に

おかえりーパパー♪

と言ってくれたので

この件は水に流し続ける事にするね。

 

エンジンがかかってないだけなんだよね。うんうん。

f:id:yokotedaichi:20190216155201j:plain

【おそらく、雑誌の撮影を意識している、ポケットインのフトシ】

 

 

それでは、また次回!

 

end